クラリス ニキビ

クラリスとニキビについて

クラリスとニキビについて

ニキビは放置しておくと深刻な状況にもなりかねないので早期に治療を行っておくことが重要になってきます。対策として採られる薬剤としては各社からいろいろな製品が販売されていますが、その中のひとつとしてクラリスがあります。

 

これはマクロライド系の抗生物質であるクラリスロマイシンを有効成分として生成されている薬剤です。マクロライド系の抗生物質は比較的副作用が少なく、その応用できる範囲も広いのでいろいろな病状に利用される便利な薬剤としても有名です。

 

その応用範囲のひとつとしてニキビ治療があります。その際に機能する主な効能としてはアクネ菌の増加を抑制する点が挙げられます。大人になってから出てくるニキビの大きな原因となっているのがこのアクネ菌なのです。アクネ菌は空気のない環境を好むという性質を持っていて、毛穴の中という空気に触れない場所で増殖を繰り返していきます。しかしこのアクネ菌は必ずしも悪い面ばかりではありません。

 

他の細菌が繁殖するのを抑制するという機能も持っていて、ニキビがない人の肌にも存在しています。ですからアクネ菌の存在そのものが悪いというよりも増えすぎてしまった状況に問題があると言えます。赤いニキビなどもこのアクネ菌が原因となって発生するのですが、これは潰すと痕が残ってしまうので潰さずにしっかり治療しなければいけません。このような赤いニキビにもクラリスのような抗生物質が利用されます。

 

しかしこのような抗生物質は細菌に対する効果が高い一方で、人体の正常な細菌バランスを乱してしまう可能性もあるので使用には注意が必要となります。また耐性菌を生み出しやすいという側面も持っています。クラリスのマクロライド系抗生物質は抗菌スペクトルの広さもあって様々な処置に利用されているのですが、それが原因となって耐性菌の増加も引き起こされているのです。このように取り扱いの難しい面があるため、医師のような専門家の判断を仰ぐことも大切になります。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方