極潤 ニキビ

極潤をニキビ肌に使用するのはどうなのか?

極潤は乾燥ニキビ対策に効果的

ニキビの人に向いている化粧水として極潤の名前が良くあげられています。極潤は確かに特定の人のニキビを治すのに効果的ですが、全ての肌質にあうわけではありません。

 

ニキビができる原因には様々なものがありますが、大きく分けると思春期に出来るもの、大人になってからできる大人ニキビ、そして乾燥肌の人にできやすい乾燥性のニキビがあります。

 

肌が乾燥しているとニキビができにくいというイメージがありますが、実は乾燥していると皮脂の分泌が増えてしまいます。肌を保護しているものは肌に含まれる水分と皮脂です。

 

両者が混ざり合ったものが肌バリアとなって日光や風、細菌などの外部刺激から肌を守っています。適度に水分と皮脂を分泌する事が健康な肌を保つのには欠かせないものです。しかし肌の水分が少なくなって乾燥してくると肌バリアが弱くなってくる為、皮脂を分泌して肌を守ろうとするようになります。すると皮脂が過剰になって毛穴に詰まりやすくなります。

 

乾燥肌の人の肌は水分が少ないため角質も固くなっており、より少ない皮脂でも詰まって炎症を起こしやすい傾向があります。極潤などのようにヒアルロン酸がたっぷり含まれていて肌に潤いを与えてくれる化粧水を使うと、角質も柔らかくなるので皮脂が詰まりにくくなります。また肌に水分がたっぷりふくまれていると過剰に皮脂を分泌しなくても肌を守れるようになるため、ニキビの原因である皮脂の分泌が少なくてもすみます。

 

このため乾燥肌が原因でニキビが出来る人はしっかり潤いを与えてくれる化粧水を使うと、症状が改善できます。しかし思春期の場合は乾燥のために皮脂の分泌が多いのではなく、ホルモンバランスの影響で皮脂の分泌が多くなります。このような場合でも肌に水分を与える事で皮脂の分泌を抑える事ができますが、極潤のような潤い成分がたっぷりはいったしっとり系の化粧水よりも、もっとさっぱりした付け心地の物の方が向いています。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方