コーヒー ニキビ

コーヒーとニキビの関係について

コーヒーとニキビ

気分をリフレッシュするためなどにコーヒーをよく飲むという人も多いのではないでしょうか。コーヒーには、様々な健康効果があるとされ、注目を集めています。また、美容効果としてコーヒーを頻繁に飲んでいる人はそうでいない人に比べてシミが少ないとも言われています。

 

これは、コーヒーに含まれているポリフェノールの効果であるとされています。シミは、肌に紫外線が当たることにより、メラニン色素が生成され、そのメラニン色素が色素沈着することで出来るものですが、ポリフェノールの抗酸化作用によりメラニン色素がシミになるのを防ぐ効果があるわけです。しかし、あまりにも頻繁に飲み過ぎるとニキビを悪化させてしまう可能性もあります。

 

これは、コーヒーに含まれているカフェインにより、胃酸の分泌が増加し、胃があれてしまうということに原因があります。胃が荒れると、肌の状態も悪くなり、結果としてニキビが出来るリスクが高まるということになってしまいます。

 

ブラックで飲む場合と比べて、カフェインの量は半分とされる砂糖やミルクが入っているタイプは、カフェインが少ないという点では胃への刺激が少ないと言えますが、含まれている脂質が毛穴に汚れが詰まりやすくなったりさせる可能性もあるので注意が必要です。
コーヒーには、メリットとデメリットがあると理解した上で、適量を摂取することが大切になります。

 

また、それに加えて生活習慣や食生活、ストレスなどによってニキビが出来やすく、悪化する可能性もあります。ニキビが出来てしまった場合には、出来るだけ早い段階で適切な治療を受けるようにしましょう。
ニキビは出来る場所によっては、治るまでに時間が掛かる場合もあります。なかなか治らないような場合には、皮膚科や美容外科などの医療機関を受診し、医薬品を使用して利用するということも大切になります。出来てしまったニキビは、出来る限り触らないようにし、清潔にすることを心掛けます。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方