大人ニキビ 薬

大人ニキビ。薬による治療法

大人ニキビの治療法

思春期の頃は、Tゾーンを中心にニキビができやすくなります。
これは成長期におけるホルモンの分泌が未調整なため、皮脂が過剰に出やすくなり、それが毛穴に詰まることで起こるものと言われています。
この思春期のニキビは、ホルモンの分泌がきちんと調整できるようになると自然と治まってくることがほとんどで、対策としても洗顔をきちんと行い、皮膚を清潔に保つことが中心となります。
しかし、社会人になって発生するニキビはそれとは違い、比較的肌が乾燥しているのに現れたり、また炎症を起こして痛みがあるなどより深刻化するケースがあるのです。

 

こうした大人ニキビができる原因は、肌の乾燥と古くなった角質がいつまでも肌に残っているからと言われています。
健康な肌は、およそ28日で新しい表皮となり、肌表面で角質というバリアーになるのです。

 

これを肌のターンオーバーと言い、最終的には角質は剥がれ、次のサイクルでまた新たな角質が現れます。
しかし、これが生活習慣の乱れやストレスなどによって正常なサイクルが行われなくなると、古い角質が剥がれ落ちず残ってしまい、それが毛穴を塞いでニキビが発生しやすくなるのです。
ターンオーバーが正しく行われなくなると、肌は乾燥しやすくなり、またそれが角質を硬くする原因となることから、大人ニキビはさらに悪化をたどることになるのです。
大人ニキビを治すには、まずは肌のターンオーバーを正常なサイクルに戻す必要があります。
そのためには、元々の原因である生活習慣の乱れやストレスを改善することが大切です。
そして、正しい洗顔と肌の乾燥を防ぐスキンケアを心がけることです。
これらのことは基本的な解決方法ですが、中には炎症がひどく化膿していたり、ニキビ跡が残るなど、かなり深刻化しているケースもあります。
こうした場合は、皮膚科を受診して薬を処方してもらうことが必要となります。
治療に使用されるニキビ薬は、主に外用薬が中心ですが、症状が重い場合は抗生剤や漢方薬などの飲み薬を処方することがあります。
また美容皮膚科では、光線治療などの施術でニキビ跡の肌の再生治療等を行っています。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方