キンダベート軟膏 ニキビ

キンダベート軟膏の使い方とニキビ効果

キンダベート軟膏とニキビ

いつの時代も、誰からも愛される女性の特徴のひとつに、肌が綺麗という点があげられます。ニキビの無い美しい肌はいつも人々の憧れです。

 

肌にニキビがあると気持ちも暗くなり、外を歩くのが嫌になってしまいます。

 

しかし、そんな思いとは裏腹に、ニキビは食生活の乱れやホルモンバランスの崩れなど、ちょっとしたことが原因ですぐに肌に現れてしまいます。小さくてすぐに治るものならば、放っておけば自然と赤みも引き、跡形もなく綺麗に治ってしまいますが、大きなものや、炎症を起こして膿んでしまったものなどは、待っているだけではよくなりません。そんな時はたかがニキビ、と思わずに、皮膚科を受診することをオススメします。

 

皮膚科にかかると、ニキビの度合いや原因に合わせて、その人にあった薬を処方してもらうことができます。内服薬を処方される場合もあれば、塗り薬をいくつか処方してもらうこともあります。身体の内外から治療することができるのです。

 

重症化したニキビには、キンダベート軟膏という塗り薬を処方される場合があります。キンダベート軟膏はステロイドを含む外用薬で、ニキビ治療に特化した薬ではありませんが、大きいものや赤く腫れてしまったにきび治療に効果があると言われています。

 

キンダベート軟膏を塗ると数日以内には赤みや腫れが引くという結果が出ており、治療の効果には期待が持てます。しかし、ステロイドを含んでいる外用薬のため、使用方法についてはよく注意をする必要があります。ステロイドはずっと使用を続けることは良くない、とされているので、処方の際に皮膚科医や薬剤師から、よく使用日数や方法、注意する点等を聞いて確認し、その使用方法、容量を守ることが重要です。

 

自力で治療することにこだわらず、皮膚科等でプロの力を借りて、綺麗な肌を手に入れましょう。ニキビの無い綺麗な肌は私たちをよりいっそう美しく見せ、普段の生活も輝きのある毎日となることでしょう。

キンダベート軟膏の詳細

主な成分

 クロベタゾン酪酸エステル

 

効果

キンダベート軟膏はステロイドを含む外用薬で抗炎症作用があります。炎症、はれなどの症状を改善します。
主にアトピー性皮膚炎で用いられますが、炎症した赤ニキビにも使用可能です。ニキビの炎症を鎮め、ニキビ跡防止に用いられます。

 

副作用

ステロイド外用薬の中でも5段階中の4群に分類され、ランク的に副作用が弱い薬です。なので心配するほど強い副作用が出ることはまずありません。
ステロイド外用薬の副作用としてかゆみ、刺激痛、皮膚灼熱感、蕁麻疹です。このような症状を自覚した場合、使用をやめて医師の診察を受けるようにしましょう。

 

使い方

夜に1回炎症している赤ニキビに塗ります。朝塗ると外出の時に目についてしまうので、家にいる夕方から夜にかけて使用するのがよいでしょう。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方