唇 ニキビ ヘルペス

唇にできたブツブツはニキビではなくヘルペスかもしれません。【見分け方と治療法】

唇にできたブツブツ

唇やその周辺にできたニキビには注意が必要です。

 

それはこの部位のニキビは口唇ヘルペスと見た目が似ているので、ニキビだと思っていたらヘルペスだったといった事もあるためです。
特にヘルペスの初期では、中に膿が溜まっている状態の「黄ニキビ」や「白ニキビ」などと見た目が類似していますが、数日後には複数のブツブツした水ぶくれ状に変化するのが特徴です。

 

また耳たぶ下の首のリンパ線上を触るとボコッと盛り上がりが現れます。

 

一方、毛穴の内部の炎症によって引き起こされるものがニキビですが、唇には毛穴は存在しないため、唇上にできている炎症はヘルペスである可能性が極めて高いといえます。

 

しかし唇と皮膚の境界線には毛穴は存在しますので、どちらか判断が難しい場合は医師の診断を受けることが望ましいです。これらはどちらも皮膚の炎症ですが、「アクネ菌」の繁殖が原因のニキビに対して、ヘルペスの原因はウイルスです。

 

ニキビはストレスや食生活の乱れ、髭そりなどによって引き起こされた炎症、ホルモンバランスの乱れなどによって引き起こされます。特に唇の周りにできるものは暴飲暴食などによって胃の調子が悪い時などに発症する場合が多くあります。

 

これらは、一般的なケアに加えて、規則正しい食生活や睡眠、必要に応じて胃のケアをすることで改善されます。当然、菌の繁殖を防ぐため、患部を清潔に保つのは基本です。

 

一方、ヘルペスの場合は、その原因がウイルスであるため、同じケアをしていても改善されることはありません。ヘルペスは神経の奥深くに潜んでいて、体の免疫力が低下した時に現れるのが特徴です。そのためこの病気には完治はありません。

 

この対処には専用の塗り薬を塗る必要があります。これらの薬は病院などでも処方してもらえますが、市販薬としても販売されています。当然ウイルス性の病気ですので他人にうつすこともあるので、早めの対応が必要です。

 

またアトピーを患っている人は症状が悪化しやすい傾向にあるので注意が必要です。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方