命の母ホワイト(A) ニキビ

命の母ホワイト(A)はニキビにも効果あるのか?検証

命の母ホワイト(A)とニキビ

 

 

 

命の母は、昔から更年期障害の女性のための薬として長年愛さていました。その命の母に命の母ホワイトが販売されているのをご存知でしょうか。命の母ホワイトは、20から40歳代の女性向けの生理の前、生理中のホルモンバランス乱れを改善してくれるのです。

 

生理痛だけでなく、生理からくるイライラや体がだるかったりり、やる気が出ないなどの精神的なものから胸が張る、ニキビなどの肌荒れに悩んでいるなどの体のトラブルを解決してくれるのです。

 

そのため、ホルモンバランスが崩れや冷え性によるニキビに効果的です。。ニキビを治してくれるのは、11種類の生薬の働きによるものです。11種類の生薬は、昔から生薬の世界では気血水が乱れると様々な疾病が起きてしまうと言われており、気血水の流れを良くすることが重要とされています。

 

命の母ホワイトもこの気血水の考えをもとに作られているのです。

 

どのようにニキビに作用する?

ホルモンバランスの乱れによるニキビ、冷え性によるニキビに効果があります。生理によりホルモンバランスが崩れると皮脂の分泌が不安定になり、過剰分泌が起きます。

 

すると一時的にオイリー肌のような状態になり毛穴詰まりの原因となるのです。冷え性の人は血流の流れが悪く、血液中の中性脂肪、老廃物、糖質などの燃焼が悪くなって燃え残り、血液が汚れます。日本人の平均体温は36.5℃ですが、冷え性の人はそれよりも1℃ほど低い傾向にあります。

 

体温が一℃低いと身体全体の代謝は約10%、免疫力は25%落ちると言われています。通常の人よりも血液が汚れやすく、皮膚の抵抗力が低いのです。血液が汚れると、全身を巡回した汚れが皮膚上の皮脂詰まりと結合してニキビを刺激するようになります。

 

「ホルモンバランスの乱れ」「冷え性」はニキビの二大原因といっても過言ではありません。

 

このようなニキビには命の母ホワイトが有効です。血行を良くしたり、ホルモンバランスを正常に保つ効用のある11種類の漢方の力で健康の促進を高めます。血に関する生薬は、ポタンピ、トウニン、ダイオウ、センキュウ、シャクヤク、トウキです。血は、血液の滞りを改善したり、貧血などの改善をしてくれるのです。

 

気に関する生薬は、ケイヒとニンジンです。気が滞ると、精神バランスが崩れてしまい、イライラしたり怒りっぽくなってしまいます。水に関する生薬は、ソウジュツ、ブクリョウ、タクシャです。水が滞るとめまいや、体のだるさなどを感じます。この気血水のバランスに着目した生薬のパワーによって様々な症状が緩和されるのです。

 

また、これらの生薬は、婦人病で処方される漢方薬の桂枝茯苓丸、加味逍遥散、当帰芍薬散に使われている生薬であるため、女性の疾患を改善してくれるのです。生理のホルモンバランスを改善することで、肌荒れをなくして、ニキビのない肌になるのです。生理のホルモンバランスとニキビは密接な関係なのです。

 

また、糖衣錠になっているため非常に飲みやすい薬となっています。命の母ホワイトは生理痛に悩んでいる女性だけでなく、ニキビに悩んでいる女性の強い味方です。

 

副作用

主成分は生薬(漢方薬)なので安全に服用できますが、万が一以下の副作用ができたら医師や薬剤師に相談しましょう。

 

熱やじんましんが出る、食欲がなくなる、むくみ、動悸、血圧が上がる、不眠症

 

服用方法

朝昼晩3回、食後に一回4錠お水で服用します。

 

命の母Aとホワイトの違い
値段と容量比較

命の母Aもホワイトも女性特有の症状を改善する働きは同じであり主成分は変わりません。ただ一部は配合されている漢方の種類が異なります。

 

命の母Aはホルモンバランスの乱れによるイライラ、気持ちの不安的など精神的な症状に効果的な漢方が多く配合されています。一方命の母ホワイトは冷え性により効果的な漢方が多く配合されています。
血液の流れを促進する生薬が多めです。

 

精神的なイライラ、気持ちが不安定になりやすい人は命の母A、冷え性にお困りの方は命の母ホワイトをお試しになると良いでしょう。

 

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方