エタノール ニキビ

エタノールをニキビ肌に使用したらニキビは治る?

エタノールをニキビ肌に使用したらニキビは治る?

エタノール概要

エタノールは糖蜜や澱粉(でんぷん)をアルコール発酵させて作られる成分です。

 

エタノールの主要用途は「消毒液」です。水を薄めることで殺菌作用を持ちます。身の回りのモノや衣類にスプレーして消毒したりします。

 

エタノールで顔の殺菌はできる?

ニキビは毛穴にアクネ菌が感染して起こる皮ふの病気です。

 

ですから、皮膚を殺菌してしまえばニキビが治るのでは?と考える人もいるかもしれません。しかし、それは間違いです。

 

肌を殺菌してもニキビは治りません。エタノールを顔につけると非常に危険です。

 

エタノールは顔につけてはいけない

皮膚には様々な種類の細菌が棲みついています。この細菌たちを「常在菌」といいます。常在菌は棲ませてもらっているかわりに、皮膚に様々な「貢献」をします。

 

人間の皮脂と汗を食べて、酸を生みだし、この酸によって皮膚は弱酸性に保たれています。つまり常在菌が雑菌などの悪い菌から肌を守っているのです。

 

顔にエタノールをつけるとその殺菌作用から常在菌が死滅してしまいます。肌のバリア機能を担っていた常在菌が全て死んでしまうと、かえって肌は敏感、無防備になり肌のトラブルは増えます。

 

医療機関でやけどの治療をする時もエタノール消毒はタブーです。目に入ると眼球の炎症の恐れもあります。

 

エタノールは揮発性により蒸発する時に水分(セラミド)を奪い去っていきます。そのため、皮膚にエタノールを塗ると肌が乾燥します。

 

乾燥肌の人は、手の消毒でエタノールを使う時も、体につかないように気をつけてください。

ニキビを殺菌して治すのは間違い

ニキビは元々毛穴にできる病気です。

 

毛穴に皮脂が詰まり、それが内部に溜まって膨らみます。やがて皮脂が大好きなアクネ菌がそこに棲みつき炎症します。

 

アクネ菌は、皮脂をエサにして活動し、無酸素状態でしか生きられません。酸素に触れるとすぐに死滅します。無酸素状態で皮脂が沢山ある毛穴の内側はアクネ菌の活動しやすい環境なのです。

肌を炎症させるアクネ菌の性質

1.毛穴の皮脂をエサにして活動する
2.酸素に大変弱く、空気に触れると死滅する

 

皮ふの上から殺菌剤を塗るというのは、毛穴が閉じ切って内部でアクネ感染を起こしているニキビ菌には全く届かないのです。

 

むしろ、皮ふの上の常在菌を殺す結果になりニキビは悪化するばかりです。毛穴の詰まっている皮脂詰まりがとれると自然と空気に触れ、アクネ菌は消えていきます。

 

ニキビケアは殺菌をして肌の菌を殺すことは必要なく、毎日こまめに洗顔し、顔を清潔にすることです。ニキビのはじまりは「毛穴の皮脂詰まり」なので、これを除去するケアが大事になってきます。

 

毎日2回洗顔するという基本的なことを守りましょう。肌のバリア機能を壊さない最低限のケアが大事です。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方