襟足 ニキビ うなじ

襟足(うなじ)ニキビを治す3つのポイント【原因と治療方法】

襟足(うなじ)のニキビの原因と対策

襟足ニキビの特徴

頭の後ろ、襟足の部分は、皮脂の分泌量が他の部位に比べ多く、その分泌された皮脂が原因となってニキビができやすい箇所となります。

 

背中や顔に比べてみると、そこまでできる確率は低いものの、できたことに気がつかないで放置していると、知らない間にニキビの炎症が悪化し、服などにこすれてつぶれてしまうことによってニキビ跡ができてしまう恐れもあるので、非常に注意したい箇所のひとつです。

 

【原因1】整髪料の使い過ぎ

ニキビができてしまう原因としてあげられるのは、皮脂の多さはもちろんのこと髪の毛に使用しているワックスやスプレーといった整髪料が肌に接することで肌が傷つき、炎症がおこってしまう、また、既にできていたものが悪化してしまうケースがあります。

 

ワックスやスプレーを使用すると髪の毛にホコリやゴミが付着しやすくなり、それらが襟足の毛穴に溜まると、詰まりを起こしニキビが生まれます。

 

また、ワックス自体が濃い液体のため、それが毛穴に詰まってニキビを生むこともあります。襟足ニキビがひどい時はスプレーは使用を控えたほうがよいでしょう。

【原因2】シャンプーの流し忘れ

お風呂に入った際のシャンプーやリンスの落とし残しが原因となってしまう場合もあるので、お風呂で洗髪をした際には、しっかりとすすぐことも大切になります。

 

市販で売られているシャンプーの多くは石油系合成界面活性剤です。

 

洗浄力と刺激性が強いです。洗い落しがあると、毛穴を刺激し続けるので接触刺激がニキビの原因となります。

 

襟足は特に流し忘れの部位なので、注意して洗髪しましょう。

【原因3】生活習慣の乱れ

襟足(うなじ)のニキビですが、生活習慣を見直すことでできることを予防、また、すでにできてしまっているニキビの炎症を食い止めることが可能となります。例えば食生活の見直しをすることも、大切です。

 

肉類や甘いもの、糖分や油分の比較的多いものばかりを食べるという不規則な食生活はニキビの原因の元となる皮脂を生み出す要因となってしまうので注意が必要です。

 

また、寝る時間が不規則で、睡眠不足になってしまっていたり、あまり外出をしないで運動を怠るような生活を長期間継続していると、肌の免疫力を弱めることとなってしまいます。日々睡眠の時間はしっかりととるように心がけること、適度は運動を行うことで血行を促進し、新陳代謝を活発にすることが大切です。

 

肌のターンオーバーを助けるホルモンは、夜の睡眠中にでると言われています。

 

ホルモンの活性化を助けることで、肌の自己治癒力を高め、今出来てしまっているニキビも根本から解決できるように、日々身体に気を使って生活をしましょう。

 

襟足ニキビが潰れた時は必ず消毒を!

通常のニキビなら自然に潰れて出血している時、ケアはいりません。ニキビの芯さえ取れていれば自然と回復します。しかし、襟足にできたニキビの場合、潰れた後は個別の消毒をしたほうがよいでしょう。

 

頭皮は髪の毛の関係で密林のような状態なので雑菌が他の部位より何倍も存在します。もちろん襟足にも髪の毛に付着した菌がいます。

 

ニキビが潰れた直後に傷口から無数の雑菌が入り込み、感染する可能性があります。せっかく治りかけていたのに再びニキビが悪化してしまうのです。この時皮膚内部にニキビの芯が残っていた場合、再発は確定です。

 

襟足ニキビが炎症しやすく、治りにくい理由は髪に付着している無数の雑菌にあるのです。もしニキビが潰れて出血した場合、すぐに消毒をしましょう。

 

消毒液は市販で手に入りやすいマキロンから、皮膚科で処方される殺菌作用のある塗り薬で十分です。

 

市販の消毒薬

 

 

・オロナイン・・ニキビが潰れたキズ口を消毒し、化膿を防ぎます。

 

・マキロン・・・ベンゼトニウム塩化物が患部の殺菌・消毒をします。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方