オレイン酸 ニキビ

オレイン酸は炎症ニキビを引き起こすキッカケになります!【オレイン酸とニキビ】

オレイン酸とニキビ

そもそもオレイン酸とは?

オリーブオイルなどに含まれている不飽和脂肪酸で、コレステロールなどを減らしてくれるなどの健康効果が高いのがオレイン酸です。

 

また、オレイン酸は皮脂にも含まれている成分で、オリーブオイルに豊富に含まれています。

 

美肌効果が高いため、クレンジングやスキンケアにもよく用いられています。

オレイン酸とニキビの相性は?

このオレイン酸はニキビには逆効果になってしまって、オリーブオイル美容法を行なうと、ニキビが悪化してしまう可能性があるのです。

 

その理由としては、ニキビの原因菌であるアクネ菌はオレイン酸をえさとしていて、これが多く含まれる化粧品などを使用すると、ニキビを増やしてしまうからです。

 

また、皮脂と同じ成分なので肌の皮脂量が増えてしまって、ニキビの原因にもなります。

 

そもそもニキビができるメカニズムは?

ニキビの一番の原因は毛穴に詰まった皮脂です。
オイリー肌の人や思春期ニキビで一時的に皮脂が過剰に分泌されている人は、毛穴の大きさに対して多くの皮脂が分泌されるようになります。
すると出口で皮脂が詰まってしまいます。毛穴に蓋(フタ)ができる状態です。毛穴に蓋ができると、内部で分泌される皮脂には出口がなくなるので、どんどん表面が膨らんでいきます。
さらに、アクネ菌などニキビの原因菌は皮脂が大好きなので、詰まった毛穴の皮脂をエサにして細菌感染を起こします。ただの毛穴詰まりだったものが「炎症ニキビ」に変化する瞬間です。
アクネ菌はニキビの根本原因ではありませんが、炎症ニキビを引き起こすきっかけになるものです。
オレイン酸を含む化粧水、洗顔料は、ニキビを悪化させる要因になるのです。

 

オレイン酸不使用のスキンケア!

普段のスキンケアには、やはりオレイン酸が含まれていない基礎化粧品を使用するのが最適です。

 

特にクレンジングオイルにはこれが含まれている場合が多いため、注意が必要です。

 

また、クレンジングオイルは界面活性剤が配合されているため、肌に刺激となる場合が多く、あまり向いていません。

 

オイルは粘度が少なくサラサラしているため、クレンジング時に肌と指が触れてしまって、摩擦がおきやすくなり、肌を刺激してしまう可能性があります。

 

また、クレンジングオイルを洗い流す際にしっかりと洗い流さないと、肌にオイルが残ってしまってニキビを悪化させてしまいます。逆にしっかり洗い流そうと肌を強く擦ってしまって、ニキビに影響を与えることもあります。

 

肌に優しいミルクタイプのクレンジングを使用したり、オイルフリーのリキッドタイプのものが向いています。

 

また、洗顔石けんにも注意が必要です。肌をしっとりと保湿させるためにオレイン酸が含まれている場合があるため、使う前に成分をしっかりと確認するのが大切です。

 

洗顔料もニキビ専用のものを使用するようにして、肌がつっぱらずにさっぱりとした洗いあがりになるものが向いています。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方