ニキビ 仕事

仕事のストレスとニキビ

仕事のストレスがニキビの原因に!

入社3年目の会社員です。最近やっと仕事がこなせるようになってきたかと思ったら会社で人事異動があり、新しい環境に変わったころからニキビが炎症しはじめました。

新しい部署にはまだ馴染めておらず、人間関係はギスギスし、空気は重いです。毎日出勤するのが億劫です。(26歳・男性)

 

 

 

いまの社会人はストレスを感じやすい環境になっているのかもしれません。

 

 

成果主義でギスギスした職場、上司と部下の関係が良好に築けない、価値観の違いによる衝突、たった一人の上の評価による出世の評価、残業はあたりまえの多忙な職場。

 

 

外から力が加わった時、上手に対処できればその人にとってはプラスな刺激になるのですが、上手く対応できない時、人ははじめてストレスを感じます。

 

 

人事異動したばかりで、対応しきれない問題が多いのでしょう。とにかく「慣れ」で解決できる部分もあると思います。

 

 

環境だけでなく、個々の受け止め方によってもストレスは大きく変わっていきます。

 

 

ストレスは適度にかかると活動のための刺激になるのですが、一定量を超えると、ストレスは単なる心の問題ではすまなくなり、具体的な体の症状となって現れます。

 

 

症状の出方は様々で、睡眠不足に陥る人、排泄が不規則になる人、食欲が落ちる人、下痢を繰り返す人。自律神経が過敏な人は、男性ホルモンが不安的になります。

 

 

ストレスがもたらす不眠や便秘、ホルモンバランスの乱れ、腸の不調などの症状はどれもニキビ発症の引き金になります。

 

 

ストレスによってニキビが発症することは充分考えられるのです。

 

 

ストレスによる生活習慣の乱れも気になります。ストレス発散から暴飲暴食に走ったり、睡眠不足になったりを繰り返すとニキビの回復は遅れます。

 

 

甘いものやアルコール、揚げ物の摂り過ぎは大腸を汚し、老廃物が体内に溜まって、毒素が体中を循環するのです。その汚れがニキビの引き金となります。

 

 

アルコールやコーヒー、タバコや嗜好品で紛らわすのもよいのですが、程度を考えてほどほどにしておきましょう。

 

 

ストレス発散には、仕事とは全く関係のないことをするのがよいでしょう。休日はスポーツをして汗をかいたり、好きな小説や漫画を読むのもよいでしょう。仕事のことを忘れ、他の趣味に没頭することで、脳の切り替えができます。

 

デスクワークなど脳を集中して使う人は、休みの日はスポーツがおすすめです。

 

 

脳の活動量と身体の活動量が一致しないと不眠症に陥ります。
平日頭を集中的に使ったなと思ったら、休日は体を動かして消費バランスを一定にします。

 

 

そうすることで質の高い睡眠につながり、ストレスを減らすことができます。
なにがストレスになっているのか、しっかりと自分の思考パターンを把握したうえで、予防対策をとっていくことが大事です。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方