ニキビ 前髪

前髪がかかると額ニキビは悪化します

額と顎のニキビが気になる

昔から肌がベタつきやすくニキビのできやすい体質なのですが、ここ最近、額とあごのニキビがなかなか治りません。

洗顔にも気を使って一日2回こまめにしているのですが一向に改善されません。病院にいったりせずセルフケアをしています。よろしくお願いします。(21歳・女性)

 

 

あごのニキビは頬杖や無意識に指先に触ることでできることが多いです。これを「圧迫刺激」と言いますが、無意識のうちにニキビを触ることで細菌が移りニキビができるのです。

 

 

あごニキビでも同じか所ばかりニキビができる人は一度チェックしてみましょう。スキンケアには気をつけているのに、なかなかニキビが治らないという人は思い当たる要素を確認してみましょう。顔を触る癖はないかどうかです。

 

 

髪型にも気をつけましょう。額のできるニキビは前髪が原因になっていることが多いです。額にニキビができる人の多くは、前髪を下げて隠そうとします。

 

 

しかし、髪の毛にはホコリや脂汚れ、細菌が付着しており案外汚れているものです。カラーリングや痛んだ髪、トリートメント剤やスタイリング剤の成分なども付着しているでしょう。

 

 

髪がが絶えずニキビに触れると、刺激になりニキビには当然よくありません。

 

 

額ニキビを気にしている人は毛先を外に流すヘアスタイルがおすすめです。再度の髪を耳にかけ、スッキリと顔を見せるスタイルもいいでしょう。

 

 

ニキビがあるかといって前髪で隠してしまうのが、ニキビに拍車をかけて逆効果です。

 

 

髪はこまめに洗い、シャンプーやトリートメント剤が残らないよう気をつけましょう。また、家にいる時はヘアバンドでニキビを前髪に触れさせないでおいましょう。

 

 

前述したとおり、顎ニキビができる人はニキビを隠すように手を口にあてたり、頬杖をついたりします。これらの動作を無意識に行っていないか確認してみましょう。

 

 

私たちの手は普段沢山のものを触っています。手には雑菌がたまり、それがニキビに悪い影響を与えるのは明白です。

 

 

ニキビは指でいじらないのが基本です。炎症ニキビは刺激に弱く、最悪痕が残ってしまうことさえあります。

 

 

ニキビは気にしだすと、つい指でいじってしまいがちです。できるだけ鏡を見ず、ニキビを意識しないことが大事です。

 

 

顎や額は皮脂量が多く、ニキビができやすい部位です。正しいニキビケアでひどくさせないようにしましょう。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方