ニキビ 老廃物

便秘による老廃物の蓄積がニキビの原因?

便秘による老廃物がニキビを刺激する

便秘が一週間以上続くと、顎、口周りに赤いブツブツがではじめます。

便秘は昔からなりがちだったので体質だと思います。市販のアクネクリームや化粧水を使用しても効果がありません。
便秘が続くとなぜニキビができるのでしょうか?便秘解消法と共に教えてもらうと助かります。(25歳・女性)

 

 

便秘がニキビによくない理由は2つあります。1つ目は便秘によって皮脂分泌が盛んになることです。私たちが脂肪を排泄する時、排泄ルートが2か所あります。一つが便でもう一つが皮脂です。

 

 

通常は排泄と共に体の中の脂肪が外に出されますが、便秘の人は便が滞っているので、排泄ルートが遮断されてしまいます。残りの皮脂ルートから一生懸命老廃物や刺激物を排泄しようとするため、皮脂の分泌が過剰になってしまうのです。

 

 

皮脂分泌が高まると、毛穴は汚れ、つまりニキビができやすい状態になります。

 

 

便秘がニキビによくないもう1つの理由は、便秘によって体内に老廃物が蓄積されることです。
体内に老廃物などの有害物質が増えれば、それが血中に溶け込み皮脂腺から分泌されるようになります。

 

 

私たちの消化器官は一本の長い管になっていますが、食べ物はこの管の中で消化吸収されながら流れていきます。
この過程で栄養素は吸い取り、不要物は排泄されるのです。しかし、便秘になって管の中に老廃物がとどまっているとやがて腐敗し酸化が起きます。

 

 

本来排泄されるべき有毒物は腸でたまり、濃度が高くなって腸壁から抜け、血液に溶け込み全身を回るのです。

 

 

出すべき老廃物が再び体内に取り込んでしまうのです。全身を回った有毒刺激物はやがて顔の皮膚に到達し、皮脂汚れを刺激してニキビのトラブルの原因となるのです。

 

 

顔だけでなく体全体にニキビができる人、頑固な大人ニキビ(吹き出物)に悩まされている人、肌に透明感がなくくすんでいる人は便秘対策に真剣に取り組む必要があります。

 

 

腸内環境が良好になり、老廃物が除去されると肌に透明感が出て、ニキビは無くなります。
便秘解消のため規則正しい食生活を心掛け、適度な運動をしましょう。

 

 

朝目覚めたらコップ1杯の水を飲むようにします。冷たい水は体がビックリして拒否反応を起こすため、体温と同じ温度のぬるま湯が好ましいです。
これらの習慣は大腸のぜん動運動を刺激します。朝食や昼食をろくにとらない自己流ダイエットは便秘を招く原因になりますから絶対にやめましょう。

 

 

便秘を治すのに、食物繊維が有効です。食物繊維は胃で消化されずに大腸まで届き、腸の働きを活発化させます。
腸の掃除機である食物繊維は、新鮮な野菜や果物に豊富に含まれます。少しずつでいいので、毎日野菜を摂るようにします。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方