ニキビ 背中と肩

背中と肩にできるニキビのケア方法

背中にニキビの対処法

 

 

一般的にニキビは顔にできるものとして知られていますが、顔だけでなく、背中や首、胸などにニキビができる人は多いです。

 

ニキビは皮脂腺が通っている部位ならどこでも出来ます。皮脂腺は顔に集中しているので吹き出物ができやすいのですが、背中や肩にも皮脂は分泌されています。

 

顔にできるニキビと背中ニキビ、スキンケア方法は基本的に同じです。背中ニキビは顔と同じようによく洗って皮脂汚れを落とし、毛穴を清潔に保つことが大切です。脂っこい食べ物を多く食べ過ぎると、背中などに吹き出物がポツリと発生します。

 

また、生活習慣が乱れると意外なとこからニキビができることがあります。顔だけでなく体全体のニキビを改善するには、生活習慣を改めるのが一番なのです。

 

背中ニキビに一番効果があるのがお風呂の時間です。背中や肩は手が届きにくく洗いづらい部位ですが、タオルでよく洗う習慣をつけ、バスタイムのケアを忘れないようにしましょう。

 

背中を洗う時に注意したいのがボディウォッシュのタオルです。かたいタオルでゴシゴシ洗うと背中ニキビが潰れ痕となって残ってしまいます。凹凸のニキビ跡になることはないのですが、背中ニキビは潰れると色素沈着になりやすいので注意が必要です。

 

綿などの自然素材で優しく洗うことが大事です。肌の摩擦でニキビが化膿しないように、タオルでしっかりと泡立ててから洗うようにしましょう。

 

背中はニキビ部分だけ洗顔料で洗ってもOKです。洗顔料はボディソープと比べて洗浄力が強くできています。背中ニキビが気になる場合、洗浄力の強い石鹸で洗ってみましょう。

 

背中ニキビの3大原因

 

体に触れるものが汚れている

 

 

枕カバーやシーツ、下着やTシャツなど体に直接触れるものが汚れていると毛穴詰まりを起こしニキビになる可能性があります。
下着は常に新しいものを着用し、シーツや枕カバーはこまめに洗濯しましょう。1人暮らしなどで枕カバーをこまめに洗濯できない人は一日一枚タオルで代用するとよいでしょう。

 

脂っこい食べ物

 

 

ハンバーガーや揚げ物、スナック菓子など脂分の多い食べ物は皮脂の分泌を活発にする恐れがあります。
背中にも皮脂腺は通っているので、食べ物の影響を大きく受けます。食べ過ぎはニキビの元です。注意しましょう。

 

 

背中を毎日洗っていない

 

 

ニキビは細菌をためこみやすいので常に清潔にする必要があります。毛穴を綺麗に保つためにも、必ず毎日背中を洗いましょう。
体を洗う時、背中は見落としがちなポイントですが、バスタイムで手をぬかず清潔にします。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方