ニキビを改善する食べ物

ニキビを改善する食べ物

ニキビに効く食べ物

ニキビに効く食べ物について説明していきます。よくケーキやチョコレートなど甘いものを食べると肌が脂っぽくなってニキビができると言いますが、科学的根拠はなく、直接的原因は不明です。

 

ただ、食べる時間帯は重要で、深夜に甘いものを食べるのは厳禁です。人間の内臓は夜に休むようにできています。深夜に間食すると、寝ている間に内臓が働きっぱなしで体全体の休息に繋がりません。

 

また、食物から吸収された栄養は夜に肌に届くようになっているのですが、内臓が働き続けることで血流が集中し、肌に栄養が行き届きません。自律神経にも負担がかかって皮脂分泌が起こる引き金になります。ニキビだけでなく、便秘などのトラブルを招く原因にもなるので深夜の間食は控えましょう。

インスタント食品やスナック菓子に注意

インスタント食品や添加物の多い加工品、残留農薬や過剰塩分など現代の食事は体によくありません。

 

脂っこい食べ物や加工品は大腸で正常に分解されず、体の残り続けます。食べカスは悪玉菌によって腐敗し、有毒物が蓄積されていくのです。
質の悪い食事によって腸内細菌のバランスが崩れるので便秘がちになります。繊維類を含む自然食品は善玉菌を増やしますが、添加物や肉類は悪玉菌を増殖させるのです。

 

ニキビができている時は偏食を避け、栄養バランスのよい食事をとりましょう。

ビタミンB2B6は皮脂の分泌を抑える

ニキビに効くビタミンが存在します。それはビタミンB2とB6です。ビタミンB2には皮膚の健康を保つ働きがあります。また、体内で皮脂のコントロールされるのでオイリー肌を予防できます。ビタミンBが不足すると皮脂の過剰分泌が起こるので改善のため、牛乳やチーズ、背の青い魚、緑黄色野菜、レバー、小麦胚芽を積極的に摂取しましょう。

 

この栄養素がオイリースキンの改善になり自然とニキビ予防に繋がるのです。

炭酸水やジュースはなるべく控える

水分自体は体内の老廃物を外に排出する効果があり、新陳代謝を活発にするのでいいのですが、糖分の多い飲み物はニキビによくありません。
飲み物はなるべくミネラルウォーターを選んで、糖質の入った炭酸水、ジュースは控えましょう。

海藻類、緑黄色野菜を積極的にとる

腸内環境とニキビ密接な繋がりがあります。加工品ばかり口にしていると腸内細菌のバランスが乱れるのでニキビは増加します。

 

腸内に溜まった老廃物は腸壁を抜け、全身の血液と流れるのです。毒素は皮膚まで届き、ニキビを悪化させます。便秘がちな人は朝起きて一杯の青汁を飲みましょう。青汁の主原料である明日葉や大麦若葉には豊富な食物繊維が含まれており、排泄の手助けをします。

 

また、ワカメや昆布などの海藻類、きのこ類、ゴボウなどにも食物繊維が豊富です。それらの食品を上手に食生活に取り入れて便秘にならないよう努力してください。

 

 

偏食や間食はやめる

10代後半から20代前半にかけては皮脂の分泌が非常に盛んな年代です。

 

脂分の多く含むインスタント食品やスナック菓子、ファーストフードなど間食がニキビを招く原因となります。できるだけ間食や夜食の習慣を無くして、規則正しい食生活を送りましょう。

 

食べ物に好き嫌いが多いと、肌に必要な栄養素が不足します。自然に美しくなろうとする力が弱まるのです。たんぱく質や鉄分が不足すると貧血を招いたり、血液の循環が鈍り、肌に栄養が届かなくなります。

 

ビタミンEは女性ホルモンの働きを整え、ニキビを予防してくれます。そのほかにもビタミンC、B群、カロチンなど積極的に摂取していきます。カルシウムやビタミンB1が不足すると、イライラしたり、精神が高ぶり安定しません。

 

カルシウムやビタミンBには神経の興奮を抑制する作用があります。また、寝不足だと感じる人もこららの食品を摂取することが重要です。ヨーグルトや牛乳、ひじきを食べるだけでイライラ防止につながるのです。

 

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方