ニキビ クレンジング

ニキビ肌にクレンジングオイルは使ってはいけない!

クレンジングを使用するとニキビは悪化する

 

 

オイリー肌の人は頑固な皮脂汚れが気になって、一番落ちるクレンジングオイルを使用したくなります。実際愛用者も多いようです。

 

たしかにクレンジングオイルは、毛穴汚れを強力に落とす力があります。また、ファンデーションやチークなどの油性化粧水も簡単に落ちます。

 

 

しかし、その強い洗浄力が問題です。クレンジングオイルの主成分は界面活性剤と油分です。

 

 

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる作用がありますが、これがニキビ肌に害となります。皮膚の脂をはぎ落とし、細胞膜を溶かしてしまうのです。人間の皮膚には、異物から肌を守る防御機能を備えています。どんな物質も取り込まれないようになっているのです。

 

 

しかし、界面活性剤の乳化作用によってバリア機能は壊れてしまうので、肌は敏感な状態になります。元々ニキビ肌は外部の刺激に敏感で炎症しやすい状態です。その状態でバリア機能が狂ってしまうと、ニキビは重症化してしまいます。

 

 

肌の天然潤い成分が出にくくなり、新陳代謝が悪くなり、壊れたバリアは修復できず、ニキビは悪化するばかりです。

 

 

私自身ニキビがひどい時にクレンジングを使用していましたが、炎症は悪化するばかりでした。オイリー肌で肌が汚れがちだったので、綺麗にしようと必死でした。

 

 

洗えば翌日はなぜか肌がベタベタしているのです。必要以上に皮脂をとるとどうやらオイリー肌は悪化するようです。
肌の汚れの取り過ぎはかえって肌荒れを起こすことを学びました。

 

 

クレンジングオイルを使い続けると、肌に負担をかけます。ちなみに、クレイジングオイルは滑りがいいのでマッサージする人もいますが、バリア機能が狂った肌に科学成分をすりこんでいるようなものです。

 

 

こするという行為自体、ニキビ肌にはよくありません。二重の損傷を与えますから絶対にやめましょう。

 

 

もし使用するならミルクタイプがおすすめ

 

 

クレンジングにはリキッド、ジェル、クリーム、ミルクなどのタイプがありますがどのクレンジング剤にも界面活性剤が含まれています。

 

 

どのクレンジング剤にも肌の負担がかかることを前提にお話しますと、一番肌に優しいのはミルクタイプです。

 

 

ミルクタイプは、合成界面活性剤の含有量が少なく、製法がシンプルなので科学成分が殆ど含まれていません。肌の汚れやメイクが気になりどうしても使用したい時はミルクタイプを使うとよいでしょう。

 

 

また、自然製法で科学成分を排除したクレンジングもあります。界面活性剤不使用です。

 

 

ただし、肌の汚れを落とす基本は「洗顔」です。できるだけ肌に負担をかけずに、バリア機能を狂わさずに、汚れを落とすのがポイントです。

 

 

皮脂汚れを落とすのは「石鹸素地100%」の無添加石鹸が一番です。無添加石鹸を純せっけんとも言います。

 

無添加石鹸には界面活性剤など科学成分が全く含まれていないので、肌の保護機能を壊す心配がありません。肌に優しく、洗浄力も強いのでメイクでも頑固な皮脂汚れでも落ちます。

 

 

ニキビケアは基本的に一日2回泡立てた石鹸で洗顔するだけでOKです。自然に優しい石鹸で洗顔すると自己治癒力が高まるので、組織の再生と修復、肌の汚れが自然に排出されます。

 

毎日こまめな洗顔でニキビ肌を改善していきましょう。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方