ニキビと新陳代謝(ターンオーバー)

ニキビと新陳代謝(ターンオーバー)

ニキビと新陳代謝(ターンオーバー)の関係

私たちの肌はターンオーバーによって28日周期で新しく生まれ変わっています。

 

ターンオーバーとは、表皮の基底層で生まれた肌細胞が角質細胞となって剥がれ落ちる周期のことです。基底層から押し上げられた皮膚細胞は、最後に肌の表面に到達し、垢となって、自然に剥がれ落ちるのです。

 

表皮は絶えず入れ替わっているので、多少ニキビができて色素沈着が残っても、痕が残らず治ります。健康な肌をつくるのに必要なターンオーバーですが、加齢とともに周期がおちていき、40代には40日かかると言われています。このためニキビの治りも遅くなり、痕がなかなか治らなかったりします。角質層が厚くなり、表皮が薄くなります。

 

肌がくすむ、硬くなる、乾燥する、色素沈着が消えないといった状態になったらターンオーバーが落ちている証拠です。

大人ニキビと新陳代謝

大人ニキビは、思春期にできるニキビとは違った難しさがあります。

 

思春期ニキビは成長過程におけるホルモンバランスの乱れから発生するもので、成長過程において避けて通れません。一方、大人ニキビはストレスや食事、睡眠といった自分をとりまく環境が原因となっていることが多いのです。

 

痕が残りそうなニキビにはより積極的な治療が必要です。ニキビ治療は医師の指示に従い、年齢相応の治療を受けるのが好ましいです。

 

大人ニキビは、新陳代謝の周期が遅れることで色素沈着が残りやすいのと、真皮層まで傷が残ると回復が難しくなるためです。回復能力に衰えがみえはじめている大人の肌はより慎重な対処が必要です。

新陳代謝を高める

睡眠不足やストレスの影響を受けるとターンオーバーが十分行われなくなり、角質細胞が綺麗に並ばなくなり、不ぞろいになります。

 

ターンオーバーが遅くなると皮脂が肌にたまりやすくなったり、肌の回復が遅くなったりします。正常な肌は約4週間で新しく生まれ変わります。
正しい生活習慣を手にすれば、新陳代謝は整い、ニキビは自然と改善していきます。

睡眠

毎日同じ時間に睡眠をとることでホルモンの分泌がスムーズになり、新陳代謝もととのいます。
睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる、質の良い睡眠がとれる時間帯は午後10時から午前2時の間です。睡眠時になると脳にいっていた血流が全身に向かうので、肌に栄養素が届くようになります。

 

ただ忙しい現代の社会では、毎晩10時に寝るのは難しいでしょう。だいたい12時に布団に入れれば十分です。
成長ホルモンは体内時計の影響を受けるので、寝る時間が不規則だと分泌が乱れます。起きる時間を一定にすれば、寝る時間もそう乱れることはありません。
一日の生活の基準をしっかりとつくって規則正しい生活を送りましょう。

ストレス

ストレスは肌が弱っている部分に現れます。ニキビ肌は大変敏感になっているのでストレスの影響を受けやすいです。ストレスが与える影響は、免疫力の低下とホルモンバランス、肌の新陳代謝の乱れです。免疫力低下でアクネ菌が増えたり、ホルモンバランスで皮脂の分泌が活発になります。

 

ターンオーバーが不規則な周期になるので、ニキビができても回復しにくくなります。多忙な毎日を送る人は、気付いていないだけでストレスをためこんでいるものです。

 

会社では複雑な人間関係や仕事のトラブルなど多くのストレスがかかります。緊張の連続という場合も多いでしょう。ストレス解消のためには趣味をもったり、意識してリラックスする時間をもうけるとよいでしょう。

 

休日は好きなことをしてきちんと食べてゆっくり眠ることです。オンオフの切り替えは大事です。体が不健康だと心にも影響します。リラックスするためにピーリング音楽を聴いたり、アロマテラピーで香りで気分を落ち着かせるのも効果的です。
音楽と香りには気を巡らせる作用があります。

界面活性剤

市販で売られている洗顔ソープには界面活性剤が含まれていますが、これが新陳代謝を乱します。界面活性剤は石油化学物質から作られています。水と混ぜ合わせるだけで安価なコストで大量生産できるので、企業は好んで使用しています。

 

しかし、界面活性剤入りの洗顔料は、強力な浸透力から、肌の保護機能を壊し、新陳代謝を乱してしまいます。特にニキビ肌は炎症で敏感になっているので影響をもろに受けます。

 

洗顔選びは界面活性剤不使用の無添加ニキビ石鹸がよいでしょう。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方