ニキビ 寝不足

寝不足はニキビによくないのか?生活改善の工夫

睡眠とニキビの関係

睡眠不足はすぐに肌に影響します。平日の睡眠不足は疲れだけでなく肌荒れや吹き出物の原因となります。

 

 

日中私たちが活動している時、血液はほとんど脳の活動に使われます。そのため肌に栄養が回ってこないのです。眠りに就くと血流は全身に回るので肌に栄養が届きます。寝ている間にしか皮膚は再生しないのです。

 

 

また、眠りについて3時間は成長ホルモンが分泌されて細胞分裂が起こります。それにより肌は新しく生まれ変わるのです。寝だめせずに、毎日最低6時間の睡眠をとることが望ましいです。

 

寝不足によるニキビの影響

 

1.新陳代謝や免疫力の低下

 

 

寝不足が続くと自律神経が乱れ、肌の新陳代謝(ターンオーバー)や免疫力が低下します。ニキビの治りが遅くなったり、肌がくすんだりするので注意が必要です。眉間ニキビなど顔中心にニキビが出来やすくなります。

 

 

2.皮脂の分泌の増加

 

 

夜更かしなどで睡眠不足が続くと交感神経への刺激によって皮脂の分泌が活発になります。毛穴つまりを起こしやすくなりニキビができやすくなります。
また、成長ホルモンが十分に分泌されなくなり、肌の調子が落ち、老化が進みます。

 

 

社会人の睡眠事情

 

 

日々忙しい社会人はまとまった睡眠時間を確保するのは難しいと思います。5~6時間という人が多いです。やはり6時間より下回ると肌によろしくありません。

 

 

食事に気をつかっても、睡眠に気をつかう人は少ないでしょう。しかし睡眠が肌に与える影響は大きいのです。早くニキビを治したいと思っている人はなおさら良質な睡眠をとって「肌を修復させる時間」を設ける必要があります。

 

 

前述した通り、肌の再生は寝ている間にしか行われないのです。週末に寝だめして睡眠時間を確保するのは、肌の修復構造からみて非効率です。毎晩一定の睡眠時間をとることが大事です。

 

 

睡眠の質を上げる工夫

 

 

空腹または満腹状態で布団に入らない

 

 

睡眠には覚醒刺激というものがあります。お腹がすきすぎていたり、逆に満腹すぎるとそれが腸への刺激となってなかなか眠りにつけなくなるのです。空腹や満腹時に布団に入るのは避けましょう。

 

 

空腹時はホットミルクがお勧めです。牛乳にはタンパク質のカゼインという成分が含まれ、それが眠りを誘う作用があるのです。また温かいミルクが体温を温め、スムーズに睡眠に入ることができます。

 

 

牛乳に含まれるタンパク質が胃粘膜をコーティングして、腸の刺激から守ってくれます。牛乳を飲むことで覚醒刺激が起こりにくくなるのです。

 

 

照明の明るさを調節する

 

 

睡眠前にはメラトニン(睡眠ホルモン)というホルモンが分泌されます。このメラトニンが上昇していくと自然と眠気がくるようになっています。

 

 

明るい光はこのメラトニンの作用を阻害します。照明が明るすぎるとメラトニンが分泌されず目が冴えてしまうのです。眠りに就く30分前は照明の明かりを落としましょう。スマホの明かりもよくありません。寝る前はスマホの使用を控えましょう。

 

 

睡眠1時間前は刺激物を避ける

 

 

布団に入る前の刺激物は神経を高ぶらせるので、睡眠の質を低下させます。

 

 

スマホの光やアクション動画などでエキサイトした後は興奮がやまずに眠れないものです。寝る前は小説を読んだり、リラックスできる音楽を聴いたりして刺激を与えないようにしましょう。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方