鼻の上 ニキビ

鼻の上のニキビの特徴と治し方【4日で完治】

鼻の上のニキビの特徴と治し方

 

 

鼻の上にできたニキビはどうしても目立ち、気になってしまうと思います。「すぐに治したい」「長期間ニキビを残しておきたくない」のが願いでしょう。今回は少しでも早く鼻ニキビを治す方法をいくつかピックアップしてみました。

 

 

顔の中で特に皮脂分泌が多い場所が鼻の上と言われています。その為ニキビになりやすく、炎症を持った赤ニキビが特に出来やすいです。鼻の上にこのような赤ニキビが出来てしまう原因として、毛穴が大きく開きやすい場所である事や手で触る事によって雑菌が入る事です。

 

 

また皮脂が多い事から汚れが溜まりやすい場所です。炎症が起きると赤く目立ちやすくなり、その部分に触れると痛く腫れている状態に見えます。

 

 

もともと毛穴の詰まりから出来た白ニキビや黒ニキビが炎症を起こし赤ニキビになってしまう場合もあるます。黒ニキビの場合の治療法は、毛穴に汚れが詰まった状態の初期と言われ、毎日洗顔をして汚れをしっかりと取り除くことによって改善される事が多いです。

 

 

炎症や膿みを持った状態の赤ニキビの場合は、黒や白よりも状態が悪化していると言います。この場合は跡が残らないようにケアをする事が大切です。皮膚科などの専門医を受診する事も手段ですが、自宅でのケアの場合は抗生物質でしっかりと治療する必要があります。

 

 

アクネ菌の繁殖によって悪化しやすいので、このような薬やケア用品でしっかりと撃退する事が必要です。また、食生活が原因の場合もあります。脂質の多い食事や甘いお菓子やチョコレートの糖分は皮脂の分泌を促進してしまうので、これらを控えてバランスの摂れた食事を心がける必要があります。

 

 

その他にもメイクをする際に、ファンデーションを厚塗りをする事で毛穴を塞いでしまうと、治りが遅くなってしまいます。

 

ファンデーションは薄く塗ったり、ポイントメイクにするなどの工夫をする事が良いです。自己判断が難しい場合は、専門医の診察を受け相談してみる事も早く治す事に繋がります。

 

 

4日で鼻ニキビを治す方法

 

 

洗顔方法に気を付ける

 

 

鼻の上に出来たニキビは普段以上に洗顔に気をつけましょう。鼻は皮脂腺がたくさん通っており、皮脂分泌が活発な場所です。毛穴も他の部位と比べて大きい傾向にあります。なので皮脂詰まりを起こさないよう、毎日こまめに洗顔して清潔に保っておく必要があります。

 

 

ただし、洗浄力が強すぎるも洗顔料を使ったり洗顔のしすぎはよくありません。ニキビができた肌はとてもデリケートなので強い刺激を与えてしまうとかえって悪化します。

 

 

洗顔は1日2回、肌に負担がかからない固形石鹸を使用するとよいでしょう。洗顔料は大きくわけて2種類にわかれます。主成分が合成界面活性剤でできたものと主成分が石鹸素地でできたものです。

 

 

合成界面活性剤は簡単にいえば台所洗剤を同じ成分で、洗浄力が強く刺激性が強いのが特徴です。一方石鹸素地はオリーブ油やパーム油など自然界にある原料からつくられています。

 

 

ニキビができた肌に合成界面活性剤入り石鹸は毒です。合成界面活性剤だけではなく、酸化防止剤・防腐剤・合成香料・着色料などの化学合成添加物が入った洗顔料も避けたほうがよいでしょう。

 

 

肌への負担が大きく、敏感肌やニキビ肌に使用すると最悪真っ赤に炎症してしまいます。鼻ニキビ完治は遠のいていくばかりです。

 

 

必ず主成分が石鹸素地でつくられた固形石鹸を使用しましょう。

 

 

洗顔時にゴシゴシ洗う人がいますがこれはNGです。前述した通り鼻にできたニキビは非常に敏感になっています。赤ニキビならなおさら、刺激によって痕になる危険があります。顔を洗う時は必ず泡立てネットを使い、泡のクッションをつくるように包み込みながら洗うとよいでしょう。

 

 

石鹸を洗い落す時は「お湯」を使います。皮脂汚れは水よりも「お湯」のほうが落ちやすいです。体温に近い温度のお湯を使用することで肌の刺激が少なく、肌の汚れを落とすことができます。

 

 

針治療&抗生物質

 

 

短期間で鼻にあるニキビを治すには針治療と抗生物質がよいでしょう。

 

 

針治療というのは、毛穴に詰まった皮脂(ニキビの蓋をしている芯)を除去して毛穴の通り道を作ることでニキビを改善するものです。自然治癒の場合、毛穴の詰まりがかさぶたになって自然と取れるのを待たないといけないので時間がかかります。

 

 

針治療の場合0.1ミリの小さな穴をあけ、腐った皮脂を押し出していくので、治りが早く痕になりにくいのです。素人がニキビの芯を押し出す場合、0.1ミリよりも大きな穴をあけてしまい皮脂を押し出すので凹凸となって残ってしまいます。

 

 

痕が残らないのようにニキビを治すには自然完治するのを待つか針治療による皮脂出ししかありません。針治療を正確には「圧出治療」といいますが、保険適用されるので安く治療できます。

 

 

治療後1~2日は赤く腫れるのですが、その後回復します。4日もあれば鼻ニキビは治ります。人に合わなくてもよい休日前を狙って治療を受けてみるとよいでしょう。

 

 

抗生物質も短期的な効果が高いです。

 

 

抗生物質はニキビの原因となっている繁殖菌を一時的に抑える効果があります。完全に完治するのは難しいですが、重症ニキビや赤ニキビなど、ニキビ跡として残りそうな時に、応急処置として使用します。

 

 

一時的に腫れをひかせることで、重症化を避けるのです。殺菌だけでなく、抗炎症作用もありますのでニキビには確かな効果があります。ただし効果は1カ月程度で、あくまで短期間です。

 

 

ニキビを完治させるには抗生物質の服用と合わせて、本来の皮膚自体の抵抗力をより戻すための生活習慣の改善が必要です。ニキビ体質は努力次第でいくらでも改善可能です。

 

 

抗生物質は飲むタイプと塗るタイプがあります。塗るタイプは殆ど効果はありません。皮膚科にいくと肌の状況に合わせて抗生物質を処方してくれます。気にある人は一度足を運んでみてください。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方