ニキビ 紫外線と日焼け

紫外線による日焼けはニキビの原因に!

紫外線とニキビ

結論からいうと、紫外線による日焼けはニキビ肌に百害あって一利なしです。避けてください。

 

 

ひどい日焼けは肌に強い刺激を与えます。シワやシミの原因になるだけでなく、皮膚が厚くなり、毛穴詰まりを起こさせやすくなるので、ニキビが悪化する原因になるのです。

 

 

とくに炎症したニキビは小さな刺激にも敏感になっています。思わぬ物質が刺激の対象となってしまうのです。ニキビがひどい時は直射日光を長時間浴びるのは避けましょう。強い昼下がりの太陽の下では、肌が炎症を起こしてしまいます。

 

 

化膿しているニキビができている時は肌を焼くのは刺激になるので絶対にやめます。日焼けにしろスキンケアにしろ強すぎる刺激物は厳禁です。紫外線がニキビ肌に与える悪影響は以下の通りです。

 

 

紫外線がニキビ肌に与える影響

 

肌が厚くなる

 

 

肌の表面の角質肥厚が進み、吹き出物ができやすくなります。

 

 

日焼け止めなしに紫外線を浴び続けると、表皮から肌を守るために肌の層は肥大化していきます。

 

 

厚くなった角質が毛穴を塞ぐようになるので、皮脂が溜まりやすくなりアクネ菌が増殖、ニキビができやすくなっていきます。

 

 

活性酸素が増える

 

 

紫外線によって肌が炎症すると活性酸素が発生します。活性酸素が毛穴を内側から傷めるため、ニキビは悪化します。

 

 

フォトエイジングという言葉がありますが、長時間紫外線を浴び続けると、活性酸素が発生し、皮脂が酸化して過酸化脂質よなり、肌を傷める原因となるのです。

 

 

酸化した皮脂をそのまま肌の上に残しておくのは、ニキビを悪化させる原因となります。

 

 

また、炎症が酷くなると毛穴の壁が破れ、ニキビがさらに広がっていきます。こうなると痕が残りやすくなります。

 

 

肌の保護機能が低下する

 

 

紫外線によって損傷を受けた肌細胞は、干からびて、肌の保護機能が低下してしまいます。

 

 

元々敏感気味の肌にバリア機能がなくなってしまうと、ほこりや細菌、刺激などの外からの異物を無防備に受け入れてしまうため、さらにニキビは悪化してしまいます。

 

 

紫外線対策

 

 

UVカットして紫外線を遮断することが大事ですが、UVカットというと日焼け止めを使う人が多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、日焼け止めは肌に負担が大きく、ブロックするにはかなりの量を塗る必要があります。お勧めはフェイスパウダーです。フェイスパウダーは特にSPF表示がされていなくても紫外線カットの効果があります。

 

 

なぜなら殆どのフェイスパウダーには、タルクや酸化チタンが含まれています。これがUVカット効果があるのです。肌の負担を軽減しながら優しく紫外線をカットできます。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方