ピーナッツ ニキビ

ピーナッツとニキビの関係

ピーナッツとニキビ

食べるとニキビが出来やすいと言われる食材の代表にチョコレートやピーナッツがあります。しかし、本当にこれら食べると出来やすいのか疑問に思っている人は多いです。

 

結論から言うと、これらを食べたからと言ってニキビになりやすいという事はないとなっています。しかし、何故こういった噂になったのかですが、事実な部分もあるからです。
チョコレートは糖分が多く含まれているものが多いです。

 

糖分を摂取する事で、皮脂の分泌が促進され皮脂の代謝に関与するビタミンB群も消費してしまうので、ニキビが出来やすいという面はあります。
しかし、食べ過ぎたらの話であって、多少つまむ程度でどうこうなる事はないです。
では、ピーナッツです。

 

何故ピーナッツを食べるとニキビが出来やすいと言われていたのかですが、脂質が多い事がその理由とされています。
しかし、ピーナッツの脂質には不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸が多く、不飽和脂肪酸には悪玉コレステロールを減らす働きがある良質な物なのです。
また、豊富な食物繊維が含まれていて腸の調子を整えるので肌に良いですし、たんぱく質やビタミン、ミネラルも豊富に含まれていて、脂質の代謝に重要なビタミンB群も豊富です。
この様に、むしろニキビや肌には良い食材とも言えるのです。
それでは何故そういった噂が流れてしまったのかです。
それは、ピーナッツの食べ方に理由があると言われています。
殻つきの落花生や素焼きのピーナッツを適切な量食べる事は、肌や健康にも良いのですが、バターで調理された物や砂糖でコーティングされたピーナッツもよく食べられているのです。
つまり、バターや砂糖で調理されたものが問題なのです。
また、保存の状態が悪く鮮度の悪いものなども昔は多かったのです。
こういった事からピーナッツはニキビの原因になると思われてきましたが、適切な量を食べる分には豊富なバランスの良い栄養素を含んでいるので、肌や健康に効果的です。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方