ピンプリット ニキビ

ニキビ治療薬のピンプリット

ピンプリットとニキビ

ピンプリットは資生堂が販売している市販のニキビ治療薬です。この薬は二種類用意されており、ピンプリットにきび治療薬C(無色タイプ)とピンプリットN(肌色タイプ)があります。

 

ニキビの症状がひどい場合には肌色タイプを使用すればニキビを目立たなくさせられるという配慮がされています。ピンプリットは第2類医薬品に該当し、化粧品ではなく薬という扱いとなっており、その用法や用量はきちんと守って取り扱う事が大切です。

 

ピンプリットは三つのステップでニキビを治療します。ニキビは毛穴が詰まり角質が固くなることによって、毛穴をふさいでしまい、それが原因でニキビが出来ます。ピンプリットは角質を柔らかくして詰まった毛穴を開き、皮脂が毛穴に詰まった状態をまずは解消します。続いてニキビの原因となるアクネ菌などの殺菌を行って、増殖を抑えて悪化する事を防ぎます。そして最後は、炎症してしまった肌を消炎作用によって元の状態に戻すようにします。ピンプリットはオイルフリーであるために、塗った部分がべたついてしまうという事はないです。また、無香料であるために、臭いを気にする必要もないです。

 

続いて主な成分についても簡単に紹介します。まず、イオウが含まれており、アクネ菌の殺菌効果と角質を柔らかくする事で成分の浸透を手助けし、皮脂の排出を促す効果があります。グリチルリチン酸という成分も含まれており、この成分は抗炎症作用がある事で有名であり、ニキビの治療薬には良く含まれている成分です。酸化亜鉛は幹部を乾燥させる効果があり、化膿していると菌が繁殖しやすい状況となりますが、乾燥させる事で菌の繁殖を抑える効果があります。

 

続いて、ピンプリットの副作用について簡単に説明します。この薬は効果が強いのですが、副作用も強めであり、敏感肌である人は却って肌が荒れてしまう事もありますので、使用した際におかしいと感じたらすぐに使用を中止して、医師に診てもらった方が良いです。また、酸化亜鉛が乾燥させる効果があるために、元々乾燥肌である人も使うと乾燥肌の症状を悪化させてしまう可能性があります。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方