ニキビ跡 黒ずみ

ニキビ跡の黒ずみができる原因と対処法

ニキビ跡が黒ずむ

ニキビが治っても跡が赤くなったり黒ずんできてなかなか取れない場合があります。特にニキビがひどかった場合、跡が残りやすくなります。

 

このニキビ跡の黒ずみはメラニン色素が定着したものです。メラニン色素というと日光にあたった場合皮膚にできて、肌の色を黒くする事が知られています。皮膚がメラニン色素を作るのは様々な刺激から肌を守るためです。日焼けの場合は紫外線から肌を守るためにメラニン色素を作りだし、ニキビの場合は炎症などの刺激から肌を守るためにメラニン色素を作るのです。

 

健康な肌なら新陳代謝と共に徐々にメラニン色素は排出され、きれいな肌に戻せます。しかし新陳代謝が滞ってしまっている場合には、メラニン色素が肌にいつまでも残ってしまいなかなかニキビ跡がきれいにならないのです。そのためニキビ跡の黒ずみを早くきれいに治すには、肌の新陳代謝を高めることが必要になります。新陳代謝を高めるためには肌に必要な栄養をきちんと摂って、成長ホルモンの出る午後10時~午前2時までは眠るようにするなど規則正しい生活をする事が大切です。

 

こういった生活はニキビを出来にくくする効果もあります。また肌のお手入れとしてケミカルピーリングを行なうと、古い角質層が取れるので新しい肌に生まれ変わりやすくなる効果があります。またビタミンCを摂る様にすることや、ビタミンCの入った化粧水などを使用するのも効果的です。

 

ビタミンCは肌の新陳代謝を高めてメラニン色素を排出し、新しいきれいな肌に生まれ変わらせる働きをします。また傷んだ肌を再生させるほか、皮脂の分泌も抑える働きがあるのでニキビが再び出来にくい肌になるのです。また活性酸素を除去して炎症を抑えるのも、ニキビを出来にくくする要因となっています。ビタミンCをより肌の奥に届けるために、イオン導入などを用いる事もできます。通常の肌ケアでは届かない深い場所まで必要な成分を浸透させられるので、より早く黒ずみをきれいにできます。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方