ニゾラール ニキビ

ニゾラールはニキビにどのような効果があるのか?

ニゾラールとニキビ

 

 

ニキビに悩む人は男性女性問わず多いですし、若者だけでなく大人になってもニキビになる人はいます。ニキビの対策でニゾラールを使用する人がいます。

 

ニゾラールとは、クリームやローションで処方される薬で、抗真菌薬の1つです。ちなみに真菌とはカビの事です。

 

真菌は皮膚上や、粘膜に存在しているのですが、健康な状態の人でも存在しているものです。この真菌が悪さをするのは、異常に繁殖したり体調が悪く免疫が下がった状態の時などです。

 

主な真菌としては水虫やいんきんたむしの原因となる白癬菌、カンジダ症の原因となるカンジダ、アスペルギルス症の原因となるアスペルギルス、脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の原因となるマラセチアなどです。

 

ニキビの発症原因は毛穴の詰まりやアクネ菌(常在菌)なので基本的に真菌ではないですが、真菌が原因で出ている場合もありそういった場合は効果が期待出来ます。

 

基本的には、ディフェリンなどで効果が無かった場合に処方されるケースが多いです。

 

しかし、いずれにしてもニゾラールは根本的な治療にはつながりにくいです。菌を原因に生じているトラブルは、菌が増殖して発症しているケースがほとんどです。菌が増殖しやすい環境のままであれば、いくら対処してもすぐに再発してしまうというケースが多いのです。

 

ニゾラールについてですが、抗真菌薬で効果も強い薬なので副作用の心配をする人も多いですが、ほとんどありません。塗る時に軽くヒリヒリした刺激を感じる人や、かゆみやかぶれを引き起こす事がごく稀にある程度です。

 

脂漏性皮膚炎などに悩んでいる人は、シャンプーに混ぜて使用したり、海外では元々ニゾラールが配合されているシャンプーが売られているほど安全性は高いです。
ニゾラールはニキビの改善に効果がありますが、根本的な治療には皮脂のコントロールなど原因の部分を改善させないと難しい事も事実です。
対処療法と同時に根本治療の必要があるという事です。

 

 

 

 

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方