タウロミン ニキビ

ニキビに効果があるタウロミンについて【効果と副作用】

タウロミンとニキビ

タウロミンは、サイコ・ハマボウフウ・センキュウ・オウヒ・ブクリョウ・ドクカツ・ケイガイ・キキョウ・ショウキョウ・カンゾウの10種の生薬を含んだ江戸時代の医師が考案した漢方薬である十味敗毒湯を主成分とし、そのほかにカルシウム、ヨクイニン、整腸剤などを配合したアレルギー疾患や皮膚疾患に対して効果がある薬です。

 

ニキビに効果があるの?

総合的に全身の機能を整えるために用い、ニキビの治療を主な目的として薬という訳ではないですが、皮膚の炎症を抑制する効果があるためにニキビに対しても効果があります。

 

ただしニキビに直接的に作用するわけではなく、生薬成分やカルシウム等の働きにより全身の健康を整え、結果ニキビにも効くというものです。タウロミンは漢方薬とビタミンとカルシウムが含まれた体調を整える市販薬という認識です。間接的な効果としてニキビの炎症を止める作用があります。

 

大きな期待はしないほうがよいでしょう。ニキビに対しては効果があってもニキビ痕にはタウロミンは効果はないので注意が必要です。

 

タウロミンの副作用

また、薬には副作用がつきものであり、このタウロミンについても副作用があります。まず、タウロミンを服用する事によって便秘になりやすいです。便秘は肌荒れやニキビの原因となる事もありますので、もし便秘の症状が現れるようならば服用するのは止めておいた方が良いです。

 

また、成分に含まれているカンゾウは眠気を引き起こす効果もあるために、車の運転など眠気が襲ってくると危険な場合は服用するのは止めておくべきです。

 

その他に、現在体力が落ちて体が弱っている場合や胃腸虚弱や食欲不振などの症状がある場合も服用する事でそれらの症状が悪化する可能性があります。タウロミンに限った事ではないですが、薬は容量や用法を守って服用する必要があります。

 

健康に良い薬であったとしても、体に良いなら沢山服用した方がもっと効果があるだろうなどと考えて決められた容量を守らずに服用すると、副作用などの症状が現れて症状を悪化させたり他の症状が現れる事もありますので、安易に服用するのを忘れたからと言って前の分と合わせて多く服用する事はしてはいけないです。また、他の薬と併用して用いると思わぬ副作用が現れる事も考えられます。

 

そのために、持病がある場合や既に何かほかの薬を服用している場合は、医師や薬剤師に相談してから服用するようにした方が良いです。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方