ティーツリー ニキビ

ティーツリーとニキビの関係

ティーツリーとニキビの関係

ティーツリーとは、フトモモ科メラルーカ属の常緑植物です。オーストラリアの東海岸、ニュージーランドやインドネシアの、日光の良くあたる場所に生息しており、8メートルほどまで成長します。

 

先住民族の間では、木の葉を怪我や皮膚の治療に利用しています。現在では、その幅広い細菌や真菌に対しての強い殺菌能力などが注目されています。

 

ティーツリーオイルの効能としては、消臭や殺菌、アロマ効果、気管支炎や風邪などのほか、足のむくみとりや洗濯などの水やお湯に溶かして利用する方法、直接患部に塗ることで、ニキビや虫さされ、皮膚炎や水虫、リウマチや関節炎、痛風にシラミ、日焼けや口内炎、ペットのケアなど幅広く利用する事のできるオイルなのです。

 

また、免疫機能を高める作用があり、皮膚への刺激も少ないとされています。

 

オーストラリアなどでは、ニキビなどに使用することは一般的で、オーストラリアの家庭には必ずこのオイルがあると言われてるほどの効果があります。

 

使用方法としては、ニキビに綿棒で一滴だけつける、普段使っているシャンプーなどに入れて混ぜて使う、お風呂などに混ぜる、アロマポットやアロマスプレー、ハンカチに染み込ませる、掃除機のフィルターに数滴垂らしておく、などの使い方ができるのです。

 

使い方の注意点としては、広範囲にあるからとオイルを全体に塗ると、皮膚への負担が強過ぎます。
原液には微量の毒性があるため規定の容量をしっかり守り、オイルを加えた水を飲むのは危険です。
原液ではなく、水溶性のものもあるため、うがい薬として使用するときやお風呂に入れるときなどは水溶性のものを利用することをおすすめします。

 

直接肌につけても害のないエッセンシャルオイルではありますが、アレルギー反応が出ることもあるため、使用する場合にはパッチテストを行うことが重要です。
また、そのような症状が出た場合は使用をやめ、医師の診断を受けることも大切になります。

 

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方