ダラシン ニキビ

ニキビの治療薬、ダラシンについて

ダラシンとニキビ

ニキビでお困りの場合、市販の薬を使って治る場合もありますが、症状の重い場合や範囲が広範囲になっている場合、やはり医療機関での治療が必要となってきます。

 

その時に治療される薬は様々ありますが、その中の一つにダラシンという薬があります。製剤としてはゲルタイプとローションタイプの2種類があります。
いずれも主成分としてクリンダマイシンを含みます。この成分はシンコマイシン系の抗生物質です。作用としては、細菌のたんぱく質合成を阻害し、殺菌作用を示します。

 

 

したがって、ニキビの原因菌であるアクネ桿菌やブドウ球菌などの雑菌に直接作用して、治療することができる薬です。
使い方としては1日2回、洗顔後など患部を清潔をした後に使用します。広範囲に使用する必要はありませんので、症状がある患部にのみ使用します。
皮膚を清潔にすることは角質や余分な皮脂を洗い流すことができます。それだけでも、雑菌の栄養素となる物質を除去することができますので、治療に役立ちます。その観点から同じように、化粧などをすることはお勧めできません。

 

副作用を気にされる場合がありますが、内服薬のような全身的な副作用は出にくいです。しかし、患部に直接作用することから、肌に合わない場合には赤みや腫れを伴うことがありますので、注意が必要です。

 

そのような症状が出た場合には速やかに薬剤を洗い流す必要があります。それで症状が緩和しない場合には医療機関へ相談し、治療が必要になります。
薬剤としてゲルタイプとローションタイプがありますが、その選択は症状によります。通常は皮膚の状態をみて乾燥している場合にはゲルタイプを用い、油っぽい場合にはローションタイプを選択します。
しかし、これは病状や使用する範囲にもよりますので、正しくは医師の判断に従うべきです。
ダラシンはニキビの治療薬として優れている反面、適正使用が促される薬剤であるため、医師の診断の元処方されます。市販での販売はありませんので注意が必要です。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方