ニキビ 季節 春夏秋冬

季節別ニキビケア方法!【春・夏・秋・冬】

ニキビができやすい季節は?

季節の変わり目は要注意

私たちの肌は四季の移り変わりによって変化しています。冬は直射日光、紫外線が少ないため1年を通して最も肌が薄くなります。春になると気温の上昇とともに肌は厚くなりはじめ、夏で汗の量と皮脂量はピークを迎えます。

 

紫外線と日光が厳しいので表皮は厚く頑丈です。気温が下がっていく秋には再び皮膚は薄くなっていきます。私たちの肌はこのようなサイクルで変化しています。

 

このサイクルの中で要注意なのが「季節の変わり目」です。季節の変わり目は肌の状態が急激に変化する時期で不安定になります。風邪と同じでこの時期にニキビが増える人が多いです。

 

春先は気温の上昇とおもに皮脂量が増えるのに、肌が厚く、狭ければ毛穴で皮脂が詰まってしまいます。

 

夏が終わり秋になると本来なら表皮は薄くなるのですが、肌の変化が間に合わず厚いままだと、やはり毛穴が詰まりニキビの原因になります。

 

季節の変わり目は特に皮脂が詰まりやすく、ニキビができやすい時期なので普段よりもいっそうのスキンケアが必要になります。

 

季節別スキンケア方法

春の肌状態とスキンケア

冬が終わり、だんだん気温が上昇してくると人の新陳代謝(ターンオーバー)も活発になってきます。

 

気温と新陳代謝は大きく関係しているのです。血液の循環がよくなると皮脂細胞は活発化され皮脂の分泌が盛んになります。
皮脂量が増加すると、ほこりや最近が肌につきやすくなります。春は肌は汚れにさらされるようになり、冬に比べてニキビが出来やすい季節です。

 

夏の肌状態とスキンケア

1年の中で一番気温が高い季節です。少し運動をするだけでも汗が一気に出てくるでしょう。特に体を動かさなくても発汗するようになり、皮脂量も増加します。

 

汗には水分と塩分、それに体内の老廃物が含まれています。ニキビには大敵です。そのまま放置しておくと老廃物が毛穴汚れと結合して炎症を引き起こしやすくなります。

 

また、正常な肌は弱酸性ですが、汗をかくとアルカリ性に変化します。肌の抵抗力が弱まって、外からの刺激や老廃物の付着から防げなくなってしまいます。

 

汗をかいたらこまめにタオルやハンカチで拭きとりましょう。外から帰ったら軽く水洗顔して優しく肌汚れを落としてあげるのがよいでしょう。

 

夏はクーラーの部屋と外の気温との変化の差に肌がさらされます。あまりに変化が大きいと肌は疲れてしまいます。体が冷めてきたら羽織ったり、クーラーの温度を上げたりして上手に調節していきましょう。

 

秋の肌状態とスキンケア

気温の低下に伴い、皮脂量や汗の分泌が衰えてきます。ニキビは夏よりは出来にくい季節なのですが、乾燥が気になります。

 

オイリースキンの人はいいのですが、混合肌の人は上手にケアして水分を補っていきましょう。

 

 

冬の肌状態とスキンケア

皮脂腺、汗腺が一番低下する季節です。毛細血管が収縮するので肌は乾燥します。

 

カサカサ肌に悩む人が増えるのはそのためです。また、秋と違って暖房の部屋と外とで気温差が大きいです。肌に負担がかかりやすい季節といえます。

 

大人ニキビでなおかつフェイスラインが乾燥する人はワセリンなどを利用して上手に肌を保湿していきましょう。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方