ステロイド ニキビ

ニキビを早く綺麗に治すために【ステロイドとニキビ】

ステロイドとニキビ

ニキビができる主な原因は一つではなく、ホルモンバランスの乱れなどの内面的なものの他に、化粧などによる毛穴のつまりなど外面的なもの、ストレスなどの精神的なものや食生活などの生活習慣など様々なことがきっかけとなります。
また、ニキビはそのできる場所によっても体のどこが悪いのかが分かり、対処法も変わってきます。

 

例えば、おでこにできる場合には前髪が当たることが刺激となったり、シャンプーやリンスのすすぎ残しが原因となることがあるので、髪を洗う時にはしっかりとすすぎ、前髪をピンで留めるなどしておでこにかからないようにします。また、胃腸が悪い場合にもおでこにニキビができる場合があるので、暴飲暴食を避けるようにします。

 

口の周りにできるものは胃腸のトラブルやビタミンの欠乏、食べ過ぎなどが考えられます。そのため、バランスの取れた食事を心がけるようにすると症状が改善します。

 

顎にできる場合にはメイクの洗い残しや寝不足、ストレスなどが考えられます。そのため、ゆっくりお風呂に浸かったりリラックスするのがおすすめです。
気になるニキビはどうしても早く治したいと思ってステロイドを使用したくなるかもしれませんが、一般的にはニキビ治療にステロイドは使用を避けるのがベターです。

 

確かに肌が炎症を起こしている状態なので、ステロイドを使って免疫を抑制すれば炎症を抑えることができ治療に有効なように思えますが、免疫を抑えてしまうとニキビの原因となるアクネ菌の増殖が活発になってしまうため、治りにくくなってしまうこともあるからです。
しかし、ニキビが治った後ならばステロイドの使用が有効な場合もあります。
原因となるアクネ菌が死滅した後は炎症を素早く抑えたほうがきれいに治るからです。特にケロイドなどが発生しやすい方にはステロイドの使用は有効な手段です。
対処法をしっかりと踏まえ、適切な処置をすることによってニキビを早く綺麗に治すことができます。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方