ミノマイシンとニキビ跡

ミノマイシン錠はニキビ跡にも効く!?【効果と飲み方】

ミノマイシン錠はニキビ跡にも効く!?【効果と飲み方】

 

 

 

ミノマイシン錠は皮膚炎、化膿症、発疹、炎症などのあらゆる皮膚の症状に対して効果のある飲み薬です。特に塗り薬で治らなかった重症の皮膚症状に対して皮膚科で処方されます。

 

 

そしてこのミノマイシン錠はニキビに対しても効果があります。特にミノマイシン錠は塗り薬で治らなかった重症化したニキビに対して処方されることが多いです。

 

 

ミノマイシン錠でニキビ跡が改善されたという口コミが多数挙がっています。

 

 

ミノマイシン錠でニキビ跡が改善された口コミ

 

25歳 男性

 

およそ4年ほど前のことになります。ディフェリンゲルやダラシンTゲルなどの主要なニキビ用の塗り薬での治療は行ったが効果が出ませんでした。

 

医師からより強力なミノマイシン錠での治療を勧められました。副作用などや治療期間などの説明を受け、納得してミノマイシン錠での治療を受けました。

 

服用から1か月目で赤ニキビが明らかに減ったり、小さくなりました。2か月目ではニキビ跡も改善されたのがわかりました。

 

23歳 女性

 

ニキビ跡の赤みがひどく前の皮膚科では低用量ピルを処方してもらいました。数か月服用しましたが全く効果がなく少し悪化しました。

 

医師の態度もよく思わなかったので、皮膚科を変えました。そしてそこの皮膚科で処方してもらったのがミノマイシン錠でした。

 

私の場合には服用から4か月ほどで、ニキビ跡もほとんど改善されました。治療自体は最低でも数か月となるため、ミノマイシン錠での治療はよく吟味した方がよいと思います。

 

以上のようにミノマイシン錠によってニキビ跡が改善されたという報告がなされています。

 

 

こちらではなぜミノマイシン錠がニキビに効果があるのか、副作用と飲み方も合わせて解説したいと思います!

 

 

ミノマイシン錠がなんでニキビ跡に効果ありなの!?

 

 

ミノマイシン錠を服用することでなぜニキビ、ニキビ跡が効くのでしょうか。それは有効成分のミノサイクリン塩酸塩という抗生物質が配合されているためです!

 

 

ミノマイシン錠を服用してミノサイクリン塩酸塩が溶け出すことで、細菌がタンパク質と結合して繁殖するのを防ぎます。特にニキビに関する細菌としてはアクネ菌、マラセチア菌、黄色ブドウ球菌を殺菌します。

 

・アクネ菌⇒皆さんご存知、ニキビの原因となる菌です。皮脂が大好物。人の肌に常在しますが、繁殖することでニキビを作り出します。

 

 

・マラセチア菌⇒実は細菌ではなくカビの一種。おでこの発疹、背中ニキビはコイツのせい。アクネ菌を殺菌する薬を塗っても治らないので要注意。

 

 

・黄色ブドウ球菌⇒ニキビが重症化するのはコイツが繁殖するから。黄ニキビやぐじゅぐじゅのニキビができてしまいます。

 

 

これらの殺菌を一網打尽にしてくれるため、あらゆるニキビに対して効果があります。※皮膚の奥のアクネ菌は塗り薬では殺菌しきれませんが、飲み薬なので内部のアクネ菌を殺菌できるためニキビ跡にも有効に働いていきます。

 

 

以上がミノマイシン錠のニキビに対する効果とされます。

 

 

ミノマイシン錠でニキビを治療する場合の飲み方はどうする!?

 

 

ではミノマイシン錠でニキビを治療する際の飲み方について解説していきます。

 

 

1⃣ミノマイシン錠は1日1~2回服用していきます。1日2錠の場合には12時間おきに服用していきます。

 

 

2⃣服用する際には飲み物と一緒に服用していきます。しっかりと水は飲まないと胃に負担がかかるので注意です。

 

 

3⃣ちなみにミノマイシン錠と塗り薬は併用することができます。場合によっては併用するように塗り薬も処方されることがあります。

 

 

4⃣赤ニキビの場合には30日間、ニキビ跡には60日間ほど最低でも服用していきます。効果がなければ服用し続けていきます。

 

 

以上がニキビを治すためのミノマイシン錠の飲み方となります。ただし症状によって服用期間は多少は前後していきます。※長い場合には半年の治療にも及ぶことがあります。

 

 

ただし抗生物質の飲み薬は効き目が高いですが、副作用も起こりやすいです。特に湿疹、炎症、かぶれなどが起こりやすいとされます。

 

 

もし服用中に違和感を感じた場合には、医師に連絡するようにしましょう。また長期的に服用すると効き目が落ちてくるのですが、それは通院しながら医師が確認していきます。

 

 

ミノマイシン錠は塗り薬では殺菌できないアクネ菌も殺菌でき、重症なニキビ跡も完治させることができます。

 

 

服用したい場合には皮膚科を受診してミノマイシン錠について尋ねてみましょう。ただし、ミノマイシン錠は塗り薬が効果がない場合に処方されることが多いですね!

 

 

 

またミノマイシン錠以外に皮膚科でニキビ治療に処方されるニキビ薬としてはルリッド錠、ビブラマイシン錠などがあります。

 

どれも抗生物質を配合しており、アクネ菌を殺菌してニキビを治療します。処方する薬は皮膚科によって変わります。

 

 

抗生物質の飲み薬は塗り薬よりも強力ですが、服用期間が長かったり、副作用もあるので十分に検討しましょう!!

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方