ニキビ跡とクレアラシル

クレアラシルはニキビ跡にも超効く!?【効果と塗り方】

クレアラシルはニキビ跡にも超効く!?【効果と塗り方】

 

 

 

ニキビに効く化粧品といえばプロアクティブ、市販のニキビ薬といえばクレアラシルと言われたほど昔から有名な薬とされますね!!

 

 

そしてこのクレアラシルは初期ニキビや赤ニキビなどに用いる場合が多いですが、実はニキビ跡にもれっきとして効果があります。

 

 

クレアラシルでニキビ跡が改善されたという報告例も多数挙がっております。

 

 

クレアラシルでニキビ跡が治った口コミ

 

 

22歳 女性

 

 

クレアラシルがニキビ跡に効くというのをネットでみました。『ビタミンなんとか体』というのがあって、それが効くとか・・・(※ビタミン誘導体のことですね)

 

そして顎まわりにできた白いぷつぷつニキビと赤みがあるニキビ跡に対して使用してみました。すると最初の3日間で白ニキビが治りました。

 

そして2週間後には顎周りの赤みが結構薄くなっているのがわかりました。

 

 

20歳 男性

 

 

高校のことからこめかみや頬にかけてニキビ跡がひどかったです。皮膚科でダラシンなどを処方してもらいましたが、全く効きませんでした。

 

ある日、クレアラシルという薬が家の救急箱にあるのを発見。ほこりもかぶっていて誰が買ったのかはわかりません。

 

ですが試しに使ってみるかという感じで使ったのですが、使用から1か月、いい感じにニキビが薄らいだのかなと思います。皮膚科の薬よりも効いているのは間違いありません。

 

以上のようにクレアラシルはニキビ跡、そして普通のニキビにも効果的だと口コミが挙がっています。

 

 

こちらではクレアラシルのニキビ、ニキビ跡への効果と副作用、塗り方についてお伝えします。

 

 

クレアラシルはニキビ跡がなぜに効く!?

 

 

クレアラシルには有効成分としてイオウ、レゾルシン、グリチルリチン酸二カリウム、トコフェロール酢酸エステルの4つが配合されています!

 

 

まずこの時点ですごい。他の市販薬は多くとも2つですが、クレアラシルは4つも配合されています。それぞれがどう作用していくのか簡単に解説しちゃいます。

 

 

①イオウとレゾルシン

 

 

まずイオウとレゾルシン、この2つは殺菌作用が含まれています。2つの殺菌成分によってアクネ菌を死滅させることでニキビを根本的に直していきます

 

 

またイオウは皮膚を柔らかくさせる作用があり、肌の奥まで浸透させやすくします。アクネ菌をたちきることでニキビ跡も薄くなっていくのです。

 

 

ただこのイオウは温泉のような香りがして、ちょっと苦手な方もいらっしゃいますね。

 

 

②グリチルリチン酸二カリウム

 

 

グリチルリチン酸二カリウムは皮膚の炎症を抑える働きを持っています。これによって赤ニキビやニキビ跡の炎症を抑えることができるわけですね。

 

 

またわずかにですが、ピーリング作用があり毛穴に詰まった皮脂や古い角質を落とす作用があります。これによってニキビを予防していきます。

 

 

③トコフェロール酢酸エステル

 

 

市販の薬には大変珍しく、トコフェロール酢酸エステルという成分がクレアラシルには配合されています。このトコフェロール酢酸エステルは冒頭でも述べたようにビタミンE誘導体となっています。

 

 

トコフェロール酢酸エステルが浸透すると、ビタミンEの抗酸化作用と肌の新陳代謝活性化によって肌のターンオーバーが促されていきます。※またイオウによって皮膚が軟化しているので、ビタミンE誘導体も浸透しやすくなっており、相乗効果が得られます。

 

 

これによってクレアラシルはニキビ跡が改善されていきます。またクレアラシルには保湿成分も配合されているので乾燥肌の対策にもなります!

 

 

白ニキビであれば3~4日ほど、赤ニキビであれば1週間、ニキビ跡ならば2~3週間ぐらいでだいたい改善されていきます。(個人差はあり、誰もが効くわけではないので注意してください)

 

 

クレアラシルのニキビ跡への塗り方について

 

 

クレアラシルでニキビ、ニキビ跡を治す場合にはどのように塗っていくのか塗り方について解説します。

 

1⃣ニキビ、ニキビ跡に使用する場合はいずれも1日2回洗顔後に塗っていきます。

 

 

また夜の洗顔後には入浴⇒洗顔⇒クレアラシルの方が成分が浸透しやすくなって効果的です。

 

 

2⃣ニキビにはちょんとつけるように塗っていきます。ニキビ跡には薄くなじませるように塗りこみます。

 

 

※クレアラシルは薄黄色いクリームで使いやすいのですが、つけすぎるとべたつので少し注意。

 

 

3⃣通常のニキビには2週間、ニキビ跡には1か月は使用していくようにしました。

 

こんな感じでクレアラシルは塗っていきます。それでも効果がなければ使用は控えましょう。

 

 

またクレアラシルの使用中にかゆみ、湿疹、炎症を感じたら水で洗い流してください。もう1度使ってみてそれでも起きる場合には使用は控えましょう。※ただしピーリング作用があるので多少の刺激感は我慢しましょう。

 

 

クレアラシルでニキビ跡が治った方が数多くいらっしゃいますし、実際に効果があります。個人的にニキビ跡を治したい人に一番おすすめできる市販薬です!

 

 

薬局やドラッグストアにはまず置いてあるので是非試してみてください!

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方