ニキビを予防する4つの習慣

ニキビを予防する4つの習慣

ニキビを予防する4つの習慣

毎日の習慣を心がけるだけでニキビを寄せ付けない肌にすることができます。
できることからチャレンジし、ニキビと予防することが大事です。

 

 

ニキビを手でいじらない

 

 

肌が赤く炎症したニキビを鏡で見るだけで1日中意識してしまいます。

 

 

ニキビのふくらみが感覚として手に残って何度も触ってしまうこともあるでしょう。ニキビのことをくよくよ考えてしまうとそれだけでストレスとなって、ニキビは悪化してしまいます。

 

 

できるだけニキビのことを忘れる努力をしながら、指でいじる癖をなくしましょう。指で触れてしまうと細菌や刺激を与えてしまいニキビによくありません。

 

 

触れずに放置していると、いつのまにか膿が取れ、かさぶたとなって取れます。肌は常に新しく生まれ変わっています。自己治癒力が働いているのです。肌の自己回復力を信じて、気長に待ちましょう。

 

 

肌に触れるタオル、枕カバーは清潔に保つ

 

 

 

顔を拭くタオルやハンカチ、枕カバーは清潔に保ちましょう。

 

 

汚れたものが肌に触れると細菌が発生しニキビの原因となります。洗顔後に水気を拭くタオルは毎回新しいものに替えることが好ましいです。

 

 

特に重要なのが枕カバーです。枕カバーは毎日顔に触れるのものなので、洗濯を怠ると細菌が発生します。不潔なカバーが肌に触れている間にニキビが悪化することもあります。

 

 

ニキビ肌の人は3日に1回枕カバーを替えましょう。枕カバーを2,3個用意し、週末にまとめて洗濯するなど工夫してみましょう。

 

前髪を気にかける

 

 

額に頻繁にニキビができる人は一度前髪をチェックしてみましょう。

 

 

髪の毛には油分を多く含みます。髪の毛の汚れが毛穴を刺激してニキビを悪化させます。スタイリング剤が肌に付着して、ニキビを引き起こすこともあります。

 

 

男性なら額にかからない短髪、女性ならピンでとめたりして前髪がかからないヘアスタイルが好ましいです。額はTゾーンに位置し、オイリー気味です。ニキビが出来やすい部位なので髪の毛による刺激を避け、清潔感を保ちましょう。

 

 

洗顔する時はヘアバンドを用意する

 

 

 

朝晩洗顔時に大事なのがヘアバンドを着用することです。

 

 

前髪を下ろした状態で洗顔すると、額部分が十分洗えません。髪についた洗顔落としからニキビがひどくなることもあります。

 

 

髪の生え際にできるニキビ対策もヘアバンド一つでカバーできます。ヘアバンドは100円均一で売っているので、簡単に用意できます。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方