ニキビ ビタミン剤

ニキビ治療に使われるビタミン剤の効果と副作用

ニキビ治療に使われるビタミン剤

 

ビタミンB2、B6がおもに使われます。

 

 

ビタミンB2、B6には皮脂の代謝を活発にして、皮脂分泌のコントロールする働きがあります。

 

 

ビタミンB群が不足すると皮脂の分泌が適正に保てなくなるので、オイリー気味になりニキビができやすくなります。

 

 

ビタミンB2をはじめとするビタミンB群が不足すると、肌のターンオーバーのリズムが乱れ、ニキビだけでなく、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因となるのです。

 

 

しかし、もともとビタミンB群が欠乏していない人がビタミン剤を飲んでも、効果はありません。
ビタミンBは水溶性なので過剰摂取による副作用の心配はありませんが、ニキビが治るわけではないのです。

 

 

毎日正しい食生活をしていればそれほど不足するビタミンではありません。病院によってはビタミンCを処方する先生もいます。

 

 

ビタミンCはニキビを治すよいうよりは、ニキビ跡による色素沈着を防ぐと思ってください。
ビタミンC単体でニキビを治すというよりは補助的に摂取する効果です。

 

 

皮膚科で処方するビタミン剤と、薬局で売ってある医薬部外品のビタミン剤に違いは殆どありません。
皮膚科で処方されたビタミン剤のほうが多少用量が多いくらいです。

 

 

多忙の人で食生活がととのっていない人は、サプリメントで補ってみるのもよいでしょう。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方