ディフェリンゲル 治らない

ディフェリンゲルでニキビが治る人と治らない人の違い

ディフェリンゲルが効く人、効かない人

 

 

ディフェリンゲルがニキビにもたらす効果

 

ディフェリンゲルは、初期段階のニキビ(白ニキビや黒ニキビ)に作用します。ニキビが出来る原因は毛穴詰まりによる皮ふの炎症です。

 

 

皮脂が過剰分泌することで、毛穴の出口が詰まり、それが菌の増殖などによって膨れ上がるのです。

 

 

ディフェリンゲルは、ニキビの根本的な原因である毛穴詰まりを除去する効果があります。

 

 

毛穴の出口の汚れを薬の作用で溶かすことで、皮脂の通り道を作り、ニキビを減らしていくのです。あぶらの分泌が激しくても、詰まることなくスムーズに排出されればニキビは治ります。

 

 

ディフェリンゲルが効く人、効かない人

 

 

比較的出来始めのニキビにはディフェリンゲルは有効です。ディフェリンゲルは塗り薬で、肌の表面から作用します。

 

 

初期のニキビは肌の表面にうっすらとした芯があります。表面からニキビの芯に働きかけ、除去できるためニキビは治っていきます。小さな毛穴詰まりや白ニキビ、黒ニキビに悩んでいる人は使ってみるとよいでしょう。

 

 

黄ニキビや皮膚の深い個所にできたニキビにはゲルは効きません。肌の深くに芯(コメド)が存在するため、表面からの塗り薬では作用しないのです。また、皮脂を溶かす作用のあるディフェリンゲルは、肌を炎症させます。芯を溶かすということは、ある程度肌を傷つけてしまうという副作用があるのです。

 

 

根強いニキビには、芯まで届かず、肌だけ炎症させてしまいます。結果、芯はとれないまま、肌は赤く腫れ続けてしまうのです。ディフェリンゲルを使用する際は、自分のニキビ状態をしっかりと観察した上で使用するとよいでしょう。

 

私が1ヶ月間使用した感想

 

 

私は赤ニキビや黄ニキビだらけのひどい状態の時に1ヶ月間使用したことがあります。皮ふ科で診療を受けた時に処方されたので試しに使ってみたのです。

 

 

使用3日目で肌がヒリヒリしてきて、痛みを感じました。元々敏感肌だったので、感じやすかったと思います。この薬は、使い始めは誰でも肌が乾燥、ヒリヒリ感を感じ、そのまま使い続けるとニキビは治るというものです。

 

 

医師にもそう説明を受けていたので、そのまま使い続けました。

 

 

1週間ほど使い続けると、チクチクした痛みは無くなったのですが、炎症は相変わらず続きました。最低1カ月は使い続けないと効果がわからないと説明を受けていたので、そのまま使い続けました。

 

結果、改善は見られませんでした。おそらく私のニキビが肌の深くで出来ていたためだと思います。炎症だけがひどくなり、このまま使い続けたら悪化しそうだと思ったので使用を中断しました。

 

 

寝る前に使用すると、肌がベタベタするので、使用感が個人的につらかったですね。枕に薬が付くのが嫌なので、寝る姿勢などかなり気を使っていました。かえって寝不足を引き起こしそうでした。

 

ニキビ治療薬として優秀な塗り薬だとおもいますが、肌の相性はあるみたいです。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方