肌が汚いのがコンプレックス

肌が汚いのがコンプレックス

肌の汚れが気になるオイリースキン

肌が荒れてブツブツ吹き出物ができると、とてもつらいと思います。人前に出るのが嫌になったり、自分に自信が持てなくなります。

 

人の目が気になり、引っ込みがちになるでしょう。今回はブツブツニキビ肌の解消法について説明します。

汚れやすい肌タイプ

肌が汚れやすい人ははオイリースキン(脂性肌)の人が圧倒的に多いです。このタイプは、皮脂腺が発達しており、皮脂量が多いので、肌がベタついて感じられます。

 

1時間前に洗顔したのにすぐテカりだしたり、毛穴が目立ったりします。キメも粗く、脂が浮いてしまうので、つねにテカテカした印象を与えます。過剰な皮脂の分泌により毛穴詰まりが起きやすいので、一番ニキビに悩まされる肌です。

 

肌に清潔感を持たせたいと願う一方、肌質による脂性につねに悩まされるでしょう。オデコから眉間、鼻にかけてのTゾーンは特に皮脂量は集中しやすく、洗顔を怠ると、簡単に黒ずみが出来てしまいます。

オイリースキンの洗顔方法

オイリースキンの人は洗顔方法を気をつけましょう。ノーマルスキンやドライスキンの人と同じスキンケアをしていては、皮脂が溜まる一方です。

 

脂性肌の人は、洗顔方法は、水洗顔と通常の洗顔2回することをお勧めします。

 

水洗顔とは、お湯だけを使って顔を洗う方法です。洗顔において重要なことは、皮脂の酸化物である「過酸化脂質」を上手に取り除くことです。
過酸化脂質は肌に残ると、皮ふの細胞にダメージを与えますので、必ず洗い落さなければいけません。

 

過酸化脂質を放置しておくと、臭いも気になってくるのです。この過酸化脂質は水溶性で水に溶けますので、お湯だけの洗顔でも十分に洗い落せます。ただし、ノーマルスキンやドライスキンの人はそれで十分なのですが、オイリースキンの人は皮脂汚れが溜まりやすいので、水洗顔後に泡立てた石鹸で汚れを落とします。

 

まずは、38℃程度のお湯を洗面器に溜め、両手ですくって顔に押し付けてます。この動作を10~20回繰り返します。顔のぬめりがある程度取れたら、水洗顔は終了です。

 

次に、石鹸を洗顔ネットで泡立て、ホイップ状にします。それを顔につけて、残った皮脂汚れを包み込むように落としていきます。指先でくるくると回すように泡を押してやると上手くいきます。この時にゴシゴシと摩擦をかけて顔を洗ってはいけません。ニキビを悪化させる原因になります。

 

ヌメリが完全に無くなったら、お湯で洗い流しましょう。最後に冷水で毛穴を引き締めたら終了です。

 

水洗顔と通常洗顔を合わせることで、肌を傷つけることなく、不要な過酸化脂質だけを洗い落すことができます。肌が弱い敏感オイリー肌の人にも実践できますので、ぜひ試してみてください。

オイリースキンに効く洗顔まとめ
  1. お湯を顔に押し付ける感じで予め水洗顔をする(ゴシゴシ洗い厳禁)
  2. 泡立てた石鹸を使って残ったヌメリを優しく洗い落す
  3. 最後は冷水で毛穴を引き締める

皮脂の分泌を抑えるビタミン

皮脂の分泌を抑えるビタミンが存在します。それはビタミンB2です。ニキビ治療で皮ふ科にいくと、たまにビタミンB群を処方されることがあります。あれは、皮脂の分泌を制御して、毛穴つまりをストップさせることが目的です。

 

ビタミンB2は一日の摂取量が決められており、沢山摂ればそれだけ効果が増すというものではありません。

 

今現在ビタミンB2が十分にとれていれば、さらに摂取しても効果はないでしょう。なのでまずは自分が不足していないかどうかをチェックする必要があります。一週間に食べた、食品をすべて紙に書き出すのです。

 

そして、それを食品チェック表と見比べながら、不足していないか確認していきましょう。不足していた場合、サプリメントで補ってみるのもいいかもしれません。

 

 

ビタミンB2を多く含む食材で、手軽に食べられるのは納豆と牛乳です。加熱による栄養の損失がないので、お勧めです。ビタミンBは背の青い魚に豊富に含まれています。肉中心の食生活から、魚や野菜を上手に取り入れ、吹き出物のない肌を目指しましょう。

 

 

ビタミンB2を多く含む食材

 

牛乳 納豆 カレイ さんま いわし ブリ わかさぎ 
さわら 納豆 牛肉 鶏肉 卵 うなぎ レバー サバ ワカサギ

 

以上の食べ物があげられますので積極的に食べていきましょう。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方