ニキビを無くす方法

ニキビを無くす方法

ニキビ 無くす方法

ニキビが生まれる原因

ニキビが発生する原因は一つではありません。大きく分けて内的な要因と外的な要因がありますが、総合的なアプローチが必要です。
内的な要因には、便秘、睡眠不足、ストレスなどがあります。

ストレスとニキビ

心の状態は肌に出ます。職場の人間関係で悩んだり、仕事に失敗し不安になることによって、ニキビはひどくなります。ストレスによって生まれたニキビを見て、さらに落ち込んでしまう場合もあります。

 

それにより、さらにニキビが悪化する、悪循環に陥ってしまいます。また、ストレスによって、暴飲暴食やお酒の飲みすぎて生活が荒れることもあります。生活習慣の悪化はそのまま肌に影響します。

 

ニキビには、良質な睡眠と正しい食生活が一番です。まずは、生活の中で心の負担になっていることを探しだし、そこにスポットライトをあて、問題解決を心がけてみましょう。ストレスの要因を取り除くことで、心理面と生活面両方が改善されます。

良質な睡眠が新陳代謝を高める

肌のターンオーバーを正常な周期にすることで、肌の回復を早めます。肌は日々生まれ変わっています。真皮から新しい皮ふ細胞が生まれ、垢となるまで28日間かかります。

 

ただ、睡眠不足でからだの各器官を休めることができてない人は、新陳代謝が遅れがちです。通常1カ月なのが、35日、40日とどんどん乱れていくのです。皮膚の代謝が悪くなれば、吹き出物が増えてしまいます。また、抵抗力の低下は、肌の炎症に繋がり、重症ニキビをつくってしまいやすくなります。

 

良質な睡眠をとるためには、起きる時間を一定にさせることが大事です。人間の体内時計は25時間あり、普通に生活していると1時間ずつ遅れていくのです。

 

なので、起きる時間を決め、朝起きたら太陽の光を浴びるとよいでしょう。太陽の日は体内時計をリセットさせます。起きる時間を一定にさせることで生活に軸ができ、一日の活力にも繋がります。

便秘とニキビ

最近便秘で悩む人は増えています。便秘になる要因は食生活にあります。日本の食事は、だんだん欧米化し、動物性油を摂取することが増えました。また、野菜が不足しがちで、食物繊維を摂取する機会が減りました。

 

食物繊維は、大腸の掃除機です。大腸の働きを活発化させる成分は、食物繊維だけです。大腸の掃除役の食物繊維が不足すると体内に老廃物が溜まります。

 

腸内に蓄積された老廃物はやがて腐り、腐敗物となります。腐敗物は腸壁を抜け、血液に溶け込み全身を回るのです。それが、顔や背中の皮ふに到達し、毛穴のつまりと結びつきニキビができます。

 

便秘を無くすには、肉中心の欧米食からビタミンや食物繊維を豊富に含んだ和食に切り替えることです。特に大腸を清浄化する食物繊維は大事ですから、ゴボウやこんにゃく、きのこ、サツマイモなどを意識的に摂取しましょう。

 

明日葉や桑の葉が原料の青汁も排便効果が高いです。決まった時間にトイレに行き、排便する時間を設けることも大事です。仕事をしている人は朝忙しいと思いますが、少し早く起きて、排便習慣を身につけてみてはどうでしょうか。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方