急に ニキビ 増えた

急にニキビが増える原因【ストレス・睡眠不足・大人ニキビ】

急にニキビが増えた原因

急にニキビが増えたのはストレスのせい?

 

 

ストレスとニキビは直接原因があるのでしょうか。学校の試験、恋人と別れた、仕事の人間関係、私生活にはストレスがたくさんあります。

 

わかりやすいストレスから排気ガスや紫外線、添加物、暖房、クーラー、騒音など無意識に感じているストレスもあります。

 

人間はストレスを感じるとアドレナリンやステロイドホルモン、男性ホルモンが分泌されます。ストレスを感じると精神的な重圧を感じたり、興奮状態になると思いますが、これはホルモンの影響です。

 

緊張状態が長く続くと精神的にも肉体的にも疲労しきってしまいます。

 

ストレスによる不調は以下のとおりです。

 

 

・肌の免疫力が低下する

 

・精神的に落ち込む

 

・血糖値が不安定になる

 

・ミネラルバランスが乱れる

 

皮膚の免疫力が低下すると、肌についた少しの皮脂汚れや細菌ですぐにニキビができるようになります。自然治癒力が低下することでニキビの回復が極端に下がり、重症化しやすいです。

 

ストレスによって「皮膚が疲れ切った状態」にあるので、外部の刺激や細菌から肌を守れない状態なのです。

 

最近急にニキビが増えたのであれば、「自覚なきストレス」が原因かもしれません。

 

まずは自分が感じているストレスの原因を突きとめて、その対処をしましょう。同僚、友人との関係なのか、仕事の成績なのか、恋人の言動なのか、まずは自分が一番心の負担になっている部分を明確にすることです。

 

ストレスの原因を具体的に自覚できれば、自然とその部分を回避できるようになると思います。

 

次にしっかりと休息をとることです。無理は絶対に長続きしません。ほどほどの緊張状態が一番ベストな活動ができるのです。

 

重圧のかかりすぎはやる気をなくし、活動を弱めるだけです。ストレスを感じたら、休日は自分の好きなことを好きなだけやって心の糸を思いっきり緩めましょう。

睡眠不足とニキビ

寝る時間が不規則だったり睡眠不足に陥るとニキビが増えます。

 

夜更かしをすると、体のターンオーバーの働きが遅くなり、新しい皮膚細胞が生まれ変わりにくくなります。

 

いまあるニキビの治りが大変遅くなるのです。細胞が新しく生まれ変わるのに「睡眠」は大切な働きをします。

 

睡眠が十分にとれないと肌細胞の修復ができないまま朝を迎えることになります。日中は活動のほうにエネルギーが全てもっていかれるので修復作業はなされません。

 

肌の修復が行われるのは寝ている間だけなのです。より深くて長い睡眠がニキビを治す上で必要になってきます。

 

特に肌の修復において重要な時間は「午後十時から午前二時の間」です。この時間帯はもっとも活発に肌の生まれ変わりが行われます。

 

このときに成長ホルモンなどの皮膚をつくりだすホルモンの分泌が盛んになります。成長ホルモンは子供の成長を促す役割をしますが、大人になっても皮膚細胞を作り直す働きをする重要なホルモンなのです。

 

現代の忙しい生活では、午後十時までに寝るのは難しいでしょう。寝る準備を早くし、最低でも十二時までには布団にはいれるようにしておきましょう。

質の高い睡眠をとる工夫

最近の不眠の研究で、頭の前部(おでこ)を冷やすことで、不眠症を克服できることがわかっています。(米国のピッツバーグ大学医学部のエリック・ノフギンガー(Eric Nofzinger)氏が、米国睡眠医学会の年次総会(2011年6月11~14日)で発表)

 

人間は前頭の温度が2~3度ほど下がると眠りにつきやすいようになっています。そこで、前頭(おでこ)を氷で10分ほど冷やすことで人間が眠りにつきやすい状態を人工的つくり出すことができます。

 

元々人間の頭は血管が非常に多くて血流が豊富です。なのでそこを冷やすことで全体の体温が下がり、代謝が下がり、眠りに入りやすい状態を人工的に作り出すことができます。

 

この方法は医療現場にも積極的に使われていいて、入院患者が眠りに入る前に頭をしっかり冷やすことで質の高い睡眠が得られています。

 

睡眠薬を使うことなく睡眠の改善が可能です。睡眠の質が高まることで、肌の新陳代謝が高まり、ニキビの治りが早まります。

10代のニキビと20代以降のニキビ

大人になっても、急にニキビが増えたりすることはよくあります。10代の時にできるニキビのことを思春期ニキビと言います。

 

これは成長期にともなう皮脂の分泌量が過剰になることが原因だといわれています。成長ホルモンが皮脂腺を刺激して、皮脂が過剰に分泌するため、毛穴がつまり、アクネ菌が繁殖し、ニキビができやすくなるのです。

 

大人のニキビの原因は人それぞれに異なります。不規則な生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレス、化粧品、ホルモンバランスなど、様々な要因があげられます。

 

中でも、ストレスや不規則な生活習慣は、肌のコンディションだけでなく、体全体に影響するため、一番密接に関わってくる原因だと考えられています。

 

また、ニキビはできる場所によっても原因が違います。

部位別ニキビの特徴

鼻やおでこなどにできるものは、やはり過剰な皮脂が原因のことが多いですが、胃腸が弱っていたりすると、口の周りにできやすくなります。

 

あごから首にかけてのものは、ホルモンバランスの崩れによりできやすくなります。女性の場合は、生理周期の影響もあります。

 

背中にできるニキビは、就寝中は通気性が悪くなるため、細菌が繁殖しやすくなるためです。炎症を起こしている皮膚には、あまり触れないようにして、清潔に保つことが大切です。

 

こういった、ニキビの対策としては、糖質や脂質の摂り過ぎに注意して、栄養バランスの整った食事を摂るようにしましょう。洗顔には、角質をためないよう、ピーリング成分の入った洗顔料を定期的に使うことも効果があります。

 

入浴時には、皮膚にシャンプーやコンディショナーなどの洗い残しのないようきちんと落とすようにしましょう。

 

そして、一番大切なのは、規則正しい生活リズムで過ごし、ストレスをなるべくため過ぎないようにしましょう。化粧道具や携帯電話も、雑菌の温床になっていることが多いです。

 

その雑菌が頬にできる原因になったりしますので、こういった肌に直接触れる物も、こまめにお手入れすることが大切です。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方