敏感肌 ニキビ

敏感肌でニキビが出来ている人のケア方法

ニキビが敏感になっている人

 

 

 

炎症したニキビができた肌はとても敏感です。過剰ニキビが肌は保護機能が低下しているからです。

 

前髪や指でいじったり時の物理的刺激や、洗顔料化粧水の科学的刺激に感じやすくなっています。

 

肌に触れるものに気を付け、刺激物をできるだけ排除する必要があります。

 

ニキビ敏感肌の人は洗顔料や化粧水が肌に合わず、赤くなったり、ピリピリと痛んだりしがちです。市販で売られている洗顔料は、洗浄力が強く、皮脂を根こそぎ落とします。刺激性が強いので、敏感肌の人には不向きです。

 

人によっては、化粧水に含まれる化学成分に反応してしまうこともあります。化粧水には、腐らさせないための防腐剤や病原菌を殺す殺菌剤、界面活性剤が使われています。

 

これらの成分は、科学的に肌にアプローチしていくため、負担が大きいのです。最終的には、石鹸選び一つにしても自分の肌で使ってみて、ニキビが良くなるかどうか確かめるしかありません。ニキビができた敏感肌には、基本的に低刺激で、肌の保護機能を狂わせない、自己治癒力を高めてくれる製品が必要です。

 

たとえば、防腐剤であるパラベンは添加物として有名ですが、個人差はあるものの敏感肌の人は肌が反応しやすいのです。

 

市販の洗顔料や化粧水が合わない人は、無添加製品を選ぶとよいでしょう。無添加石鹸は、自然素材でできており、肌荒れを起こすことなく、汚れを落とすことができます。無添加製品は敏感肌の人に考慮されていることが多いので、安心してお使いできます。

敏感肌ニキビ肌のための洗顔方法

敏感肌の人は洗顔方法にも気をつけましょう。肌を擦るようにゴシゴシと洗うと、肌は痛んでしまいます。

 

洗顔には、濃密な泡をつくり、それを包み込むように洗うとよいでしょう。石鹸泡はクッションとなり、汚れを浮かし取る効果があります。固形石鹸で泡立てネットを使うと誰でも簡単に泡クッションをつくることができます。

 

ぬるま湯洗顔も効果的です。皮脂の汚れは水溶性です。なので、ぬるま湯だけでも十分に落とせます。肌と同じくらい温度のぬるま湯(40℃)で洗顔するのがよいでしょう。洗顔前にぬるま湯を顔に数回押し当てて、予め皮脂汚れを取り除いておきます。

 

ぬるま湯で皮脂汚れを落として毛穴を開かせておくと、残りの汚れは少量の石鹸の泡だけで落とせますよ。

 

洗顔のポイント
  1. 予め体温と同じくらいの温度のぬるま湯で水洗顔をする
  2. ある程度肌のヌメヌメ(皮脂汚れ)がとれたら残りの汚れは泡立てた石鹸で洗い落す
  3. 十分にすすぎ、石鹸の洗い落しがないようにする

 

先にお湯を使うことにより、毛穴を開かせる効果があります。蒸しタオルを使用するのもよいでしょう。

蒸しタオルの作り方

 

タオルに水道水をバシャバシャとかけ、しっかりと浸してから絞ります。
それを縦に2回畳んでビニール袋の中に入れます。
ビニールの代用として、サランラップを2~3回ぐるぐるとまいいてもOKです。
50秒ほど電子レンジで加熱すれば完成です。

蒸しタオルを3分間顔に当てて、蒸らしてから洗顔すると、肌に負担をかけることなくごっそり汚れが落ちますよ。

敏感肌でニキビが出来ている人のケア方法記事一覧

水だけの洗顔でニキビは治るのか?

水洗顔とは、石鹸や洗顔フォームを使わず、ぬるま湯だけで洗顔するというものです。洗顔フォームの多くは、「合成界面活性剤」が使われており、これが肌に悪影響を与えます。肌のバリア機能を低下させ、合成界面活性剤の有害物質が肌に浸透してしまうのです。この合成界面活性剤は、洗顔フォームだけでなく、化粧水にも使用...

≫続きを読む

 
化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方