黄ニキビの芯の対処法

黄ニキビの芯の対処法

黄ニキビの芯の対処法

ニキビは、白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ→ニキビ跡という順番で悪化していきます。

 

 

黄ニキビは炎症し、化膿した状態をさします。角栓が皮脂でふさがり、出口がなくなった皮脂が肥大化し、皮ふの奥側に潜り込んでいるのです。

 

 

ニキビ跡になる可能性が高いので慎重な治療が大切です。

 

黄ニキビの芯

 

 

 

 

白ニキビや黒ニキビの芯は、皮ふの表層部にあり、比較的簡単にとれます。指先で押してみると硬い角質のようなものが出てくると思います。それがニキビの芯です。

 

 

ニキビの芯さえ綺麗に無くなり、皮脂の出口がなくなれば、1週間ほどあれば、膿は消え、肌は綺麗になります。コメドプレッシャーなどニキビの芯を取るたの専門器具も販売されてしますが、自己判断で使うと毛穴周りを傷つけてしまうこともあります。

 

 

初期ニキビの芯を取り除くのはそう難しくないのですが、黄ニキビの芯はそうはいきません。基本的に赤ニキビや膿んだ黄ニキビは、治ったあとも「夏みかんの皮」「月面クレーター」などニキビ跡になるケースが多いのです。

 

 

原因は、黄ニキビが表皮だけでなく、肌の奥深く真皮層の組織にまで損傷を与えていることです。黄ニキビの芯は、表面だけでなく、深くに入り込んでいるケースが目立つのです。自分でニキビを潰してもなかなか治らないのはそのためです。

 

 

自分で黄ニキビを潰しても、表面の芯だけが取れ、奥の芯はとれずしまいなことがあります。結果的にまた下から新しいニキビができるのです。黄ニキビは芯が複数あるため、出来ては潰れてまた新しいニキビが出来てと、ループに陥ってしまいます。毛穴詰まりが一点に集中すると痕になる可能性が増します。

 

 

黄ニキビを爪や指で潰すとさらに炎症が悪化し、痕として残ることがあるので、できるだけ早く治療することをお勧めします。一度皮ふ科を受け受診し、ニキビの除去をお願いしましょう。

 

 

黄ニキビの芯を手でいじらない

 

 

よくいられることですが、ニキビを手で触ると膿がひどくなり悪化します。特に化膿しているニキビは清潔しなければいけません。乳液など油分を含む化粧品は肌に塗らないようにしましょう。オイリースキンの人は基本的に洗顔のみのケアでOKです。

 

 

もし乾燥が気になる人は、無添加の化粧水やワセリンなど油脂が使われいない低刺激性のさっぱりしたものを選びましょう。
洗顔は大切だからといって、1日に何度も洗うのはよくありません。洗顔の回数が多いと、皮脂が肌から完全に消え、かえってオイリー肌が悪化します。

 

 

皮脂の出方を観察しながら、適度な洗顔を心がけましょう。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方