化膿ニキビの治し方

化膿ニキビを治すたった1つの方法

化膿ニキビの治し方

化膿ニキビはとても厄介な存在です。膿んで炎症しているので、触るなどして下手に刺激を与えると悪化してしまいます。

 

 

白ニキビや黒ニキビなどは、皮脂が毛穴の中につまっているだけなので、触っても痛くないですし、つまりが解消されればすぐに治ります。

 

 

しかし化膿ニキビは毛穴の詰まりと肌の炎症が同時に起きているので、回復には時間がかかります。炎症を抑えることと、ニキビの芯を取り除くことの2つが必要なのです。

 

 

ニキビの芯さえとれてしまえば、自然と炎症は治まります。しかし芯がとれないまま下手にいじり続けると、炎症だけがひどくなって最後にはニキビ跡になってしまいます。最短で治るには2~3週間、間違ったケアで3カ月以上長引くこともあります。

 

 

炎症してしまった肌には無添加石鹸を使いましょう。洗浄力の強い石鹸は、肌を傷めます。防腐剤や殺菌剤、合成界面活性剤の入った洗顔料はNGです。

 

 

防腐剤や殺菌剤が肌に必要な常在菌を殺し、合成界面活性剤が肌の保護機能を狂わせ、化学成分が皮膚の内部に浸透してしまいます。

 

 

残留性も高いので1カ月たっても30パーセントは肌に科学成分が残り続けるのです。

 

 

洗顔料は合成界面活性剤不使用の無添加石鹸を使用しましょう。肌に優しい石鹸で洗顔することで、炎症を抑え、肌の自己回復力を最大限に高めます。

 

 

また、食事にも気を付けたほうがよいでしょう。栄養バランスの悪い食事は、腸の機能を低下させ、ニキビを悪化させます。腸には「自家中毒」という症状があります。

 

 

胃の機能不全が原因で、体内にいろいろこまった問題を引き起こすのです。

 

 

腸内浄化とニキビ

 

 

大腸に老廃物が溜まると、血液が汚れ全身を回ります。それが毛穴の汚れと結びつきニキビが出来るのです。

 

 

規則正しい排泄習慣を持つことが、ニキビ体質を改善する近道です。

 

 

腸の管理には、栄養バランスのよい食事と質のよい食物繊維が欠かせません。

 

 

現代の食事は粗食が減り、繊維類を多く含む食材を口にすることがなくなりました。

 

 

加工食品は腸で流れがとまり、消化困難になります。腸で消化しきれないものが有毒物となって体内に溜まるのです。食物繊維を多く含む食材に青汁があります。明日葉、ケール、大麦若葉に多く含まれる良質な食物繊維はニキビに大変効果的です。

 

 

体内浄化にうってつけの飲み物なのです。食生活を正す意味で、まずは1日一杯の青汁を習慣づけてみてはどうでしょうか?

 

 

肌は1カ月周期で新しく生まれ変わりますが、それと同じように青汁を飲み続けると体内の毒素が徐々に排出されるので、約1カ月続ければ確かな効果があります。

 

 

多忙な毎日を送る人が多い中で、食のスタイルすべてを一気に変更するのは現実的に難しいと思います。

 

 

まずは一杯の青汁で腸の掃除をし、ニキビが消えていく実感をしてみてください。

 

 

「良い食べ物がニキビを治すんだ」という感覚が実体験としてつかめれば、自然と口にするものを気をつけ出すと思います。

 

 

ニキビを完治するための簡単なワンステップとして、1ヶ月間青汁を飲んでみることをお勧めします。

化膿ニキビを治すたった1つの方法記事一覧

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方