腸 ニキビ

腸の汚れがニキビを生む

大腸の汚れがニキビを生む

意外に思う方もいると思いますが、腸内環境とニキビには密接な関係があります。

 

大腸は、人間が体内に取り込んだ食物を最終処理する場所です。この場所が上手く働かないと様々なトラブルが発生します。血液は全身の器官を巡ってすべての細胞に到達します。

 

大腸が汚れていると、血液を濁らせ、汚れた血液を全身の器官に送り込んでしまうのです。毒素を含んだ血液はやがて顔や首などの肌に到達し、毛穴の皮脂詰まりと結びつき、ニキビになってしまうのです。

 

大腸の掃除を行い、老廃物を排除すれば、きれいな血液が生まれニキビは劇的に改善します。体の中で一番汚れている器官は「大腸」ですが、そこはみな触れようとしないのです。本来一番管理が必要な場所なのに。大腸が汚れている人は全身にニキビ(吹き出物)が出来やすくなります。

 

顔だけでなく、首や背中、胸元にまでニキビができるのです。大腸の管理の悪さによって生まれた汚れた血液が原因だからです。また、内側にこもったニキビができやすくなります。皮膚の内部にニキビが出来ている状態です。

 

便秘にも注意しましょう。食べ物のカスと老廃物がスムーズに排泄されないと、便がつまり腸は膨張していきます。有害物や毒素は増えていってしまうのです。有毒物を作る悪玉菌は増殖し、体に役立つ善玉菌は減少します。腸内細菌のバランスが崩れ、肌はますます荒れてしまいます。

 

 

腸内環境を整える方法

 

 

最近はスーパーで加工食品や添加物食品が増え、繊維類を多く含む食品が激減しました。油モノ、加工食品、添加物は腸の負担を与えます。
消化しづらく腸内環境は良好になりません。コーヒー、コーラ、ドーナツ、ハンバーガー、インスタントラーメンなどの即席な食品を続けていれば、体は疲れやすくなり、肌にもよくありません。

 

また、食生活の変化にも注目しなければいけません。最近の日本の食生活はだんだん欧米化し、牛や豚などの肉類中心の食生活へと移行し、食物繊維を摂取しなくなりました。食物繊維は大腸の掃除機です。

 

その胃腸の掃除をしてくれるものを摂取しなくなったのですから、体内に老廃物が蓄積されるのは当然です。肉類は体内滞在時間が野菜よりも長いため、その間に腐敗し、毒素を発生しやすくなります。

 

大腸の掃除のために、野菜と果実を沢山とりましょう。野菜や果実には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は大腸内のぜん促運動を高めるので、スムーズな排泄の手助けをします。良質な食物繊維を簡単に摂取したい方は青汁がおすすめです。

 

食生活は、脂分の多い洋食から、ヘルシーな和食に切り替えましょう。植物性油は健康的なのです。下剤(便秘治療薬)を使う方法はおすすめできません。

 

薬を使い、科学的な刺激で大腸を無理やり働かせるのは、良い方法とは言えません。長く続けていると必ず副作用があります。大腸は自然食を欲しています。化学的なモノは嫌います。地道な食生活の改善がニキビを治す近道です。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方