アルガンオイル ニキビ

アルガンオイルとニキビの関係について

アルガンオイルがニキビ跡に効果的

 

 

 

アルガンオイルとはモロッコに自生するアルガンの実から取れるもので、100キロの実からわずか1リットルしか採油されない希少なオイルのことです。

 

 

ビタミンEがオリーブオイルの2~3倍も含まれていて近年はアンチエイジングオイルとして注目を集めています。

 

 

モロッコではアルガンオイルは傷跡が残らず、修復機能があるオイルとしてニキビや火傷の治療に使われてきたという歴史があります。

 

 

そんなことから日本でもニキビ対策にアルガンオイルを使うという美容法が様々なところで紹介されています。そんなアルガンオイルがニキビ跡に効果的とされます。

 

 

口コミでもニキビ跡への改善報告が数多く挙げられていますね!!

 

24歳女性

 

乾燥肌で顎周りにぶわーっとニキビ跡がひろあがってしました。

 

アルガンオイルというものがニキビ跡や保湿に良いと聞き試してました。期待はしていませんでしたが、かなりニキビ跡が薄くなってきました。

 

乾燥肌にいたってはほぼ改善されました。使ってみて良かったです!

 

25歳女性

 

まずアルガンオイルを顔に塗って寝ると翌朝顔を洗った時の手触りが圧倒的に違います。

 

また長年ニキビに悩んでいて、痕がいくつか顔に残っていますがアルガンオイルを使うようになって、顔の大きなニキビのシミも無くなっていきました。。

 

 

このようにニキビ跡への効果が伺えます。こちらではアルガンオイルのニキビ跡への効果と注意点、使い方についてお伝えします。

 

 

アルガンオイルの主な成分

 

 

アルガンオイルの主な成分はビタミンE、オレイン酸、リノール酸、ステロールの4つです。それぞれがどのようにニキビ跡に効くのか解説したいと思います!

 

 

ビタミンE

 

 

ビタミンEには肌の酸化を防ぐ抗酸化作用、肌を刺激や悪い菌から守るバリア機能の向上、血行を促進してターンオーバーを整える血行促進作用があります。

 

 

美肌には欠かせない成分ですがビタミンEによって肌荒れやニキビ跡を改善させるのに効果的とされます。

 

 

・リノール酸

 

 

肌の保湿機能を高めたり、炎症を抑える作用があります。抗炎症作用によってニキビ跡の赤み、赤ニキビを鎮静させることができます。

 

 

・ステロール

 

 

あまり有名な成分ではありませんが植物油によく含まれている成分で健康な肌を育てる手助けをします。

 

 

・オレイン酸

 

 

美肌効果が高いため、クレンジングやスキンケアにもよく用いられています。またオレイン酸というのは皮脂と同じ成分であります。

 

 

皮脂は肌を保湿させることができ、アルガンオイルを塗ることで自然な保湿を得られることができます。ただし注意点があるのですが、あとで説明します。

 

 

以上の成分がアルガンオイルには配合されているためニキビ跡に対して効果的とされます。

 

 

特にニキビ跡に塗ることによっておよそ1か月後には肌のターンオーバーが促され、改善されていきます。

 

 

アルガンオイルでのニキビケアの注意点

 

 

アルガンオイルでニキビ跡、ニキビをケアする場合には2つ注意点があります。

 

 

①粗悪品に注意

 

 

最近では需要や原料の不作等により価格が高騰しているようです。そのことから酸化が早いオイルや既に酸化したオイルなど粗悪な品が出回っています。

 

 

低品質のオイルを選ぶと肌荒れの原因や老化を早める等、逆にニキビに悪影響を及ぼしてしまうのでしっかりと見極めることが大切です。

 

 

粗悪なオイルは色が薄く透明だったり、酸っぱい匂いがしたりします。ニキビに使用するのであれば無印良品のアルガンオイルが無難でしょう。

 

 

 

 

無香料・無着色・アレルギーテスト済み、無添加なので安心して使えます。30ml1800円と値段も手ごろです。

 

 

ただし肌に合わないと、皮膚が荒れる場合があるので、その場合には水洗いして使わないようにしうましょう。

 

 

②脂性肌や思春期ニキビには使用しない

 

 

アルガンオイルと脂性肌のニキビ、思春期ニキビとの相性ですが、ズバリ悪いです。

 

 

前述したようにオレイン酸は皮脂と全く同じ成分なので、アルガンオイルを皮膚に塗ると、ニキビの根本である「」を増やしてしまいます。

 

 

毛穴詰まりを起こしてしまう危険、菌による感染を起こしてしまう危険が増えます。

 

 

そいうことなのでアルガンオイルは普通肌や乾燥肌のニキビに使用しましょう。

 

 

アルガンオイルによるニキビ跡への使い方!!

 

 

アルガンオイルでのニキビ跡へのケアとしては保湿オイルとして使っていきましょう。

 

1⃣1日1回入浴後に洗顔をして、化粧水を使った後に使用していきます。※入浴後は毛穴が開き、アルガンオイルの成分が浸透しやすいからなんです。

 

 

2⃣アルガンオイルはつけすぎに注意です。ほんの2~3滴で構いません。顔全体に薄く伸ばすように塗っていきます。

 

 

つかい心地としてはオリーブオイルに近いため、つけすぎるとべたつきが生じます。

 

 

3⃣ニキビ跡を治したいのであれば、最低でも1か月は使っていくようにしましょう。

 

 

ニキビ跡にはこのように使っていきます。肌の保湿はすぐに実感できるでしょう。

 

 

独自の天然オイルなので肌に合うことでニキビ跡が改善する期待が持てるとされます。

 

 

そんなわけでアルガンオイルとニキビ跡への効果についてでした!!

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方