納豆 ニキビ

納豆がニキビに効く2つの理由

毎日納豆を食べればニキビは改善される?

fsdgzdf

 

ズバリ、納豆はニキビを改善するのに大変有効です。

 

納豆のもつ「ナットウキナーゼ」という成分はニキビ体質に大きく働きかけます。

 

ニキビが繰り返しできる人は、「腸内環境」が悪化していることが多いです。

 

腸内環境が悪くなることで便秘がちになります。便秘がなぜニキビによくないかというと理由は2つあります。1つ目は、便秘によって、オイリー肌になることです。

 

私たちの体は、脂の排泄ルートは2つあり、一つは便から、もう1つは皮膚からです。便秘になると一方が滞っている状態になるのでもう一方の排泄ルートである皮膚から一生懸命老廃物や皮脂を排泄しようとします。

 

結果的に皮脂の分泌は高まり、オイリー肌になってしまうのです。

 

便秘がニキビによくないもう一つの理由は便秘によって体内に有毒物質が蓄積されることです。私たちが食べた物は体内で消化吸収されながら、最終的に食べカスとなって腸にたまります。

 

この時、便秘で長期間老廃物がとどまっているとやがて腐ります。本来すぐに排泄されるべ有毒物が腸にたまり、濃度が濃くなるとやがて、腸壁をぬけ、血液に溶け込みます。

 

体内に再び再吸収される形になり、やがて皮膚に到達し、刺激を与えニキビになるのです。頑固なニキビが治らない原因は体内の老廃物なのです。

 

ニキビ体質を改善するには、腸の大掃除をして、体内に溜まった有毒物を一掃するのが一番です。

納豆で腸の掃除を!

大豆自体が食物繊維の豊富な食べ物なので、便秘対策として有効な食べ物です。また、大豆オリゴ糖や納豆菌といった成分が腸内の善玉菌を増やしお肌の調子を整えます。

 

納豆に含まれる納豆菌は和食の見直しとともに最近注目されはじめた菌です。納豆菌は腸内に存在するビフィズス菌などの善玉菌を増やす効果があります。それにより腸内環境は良好になり、血液はサラサラになります。

 

納豆菌には血液の汚れを取り除く食物繊維や納豆菌が多く含まれる食品です。肌に健康的なつやを取り戻すため、積極的に摂取していきたいですね。

 

食べ方としては、なるべく賞味期限近くになってから食べたほうが、発酵が進んでいるので身体に良い成分をより多く含んでいることになります。

 

熱を加えて調理してしまうと、せっかくの身体に良い成分が駄目になってしまうので、納豆は加熱せずにそのまま食べるようにしましょう。

 

ニキビに効きそうだからと言って、極端にたくさん食べるのは栄養バランスを崩し炎症作用を助けるリノール酸を過剰に摂ってしまうことにもなりかねません。バランスの良い食事に毎日1パックか2パック程度の納豆を足すことで良好なお肌の状態を保つことができます。

 

ただし、毎日納豆を摂取するのには無理があると思います。そういう時は納豆成分が入ったサプリメントも活用してみるとよいでしょう。

 

ナットウキナーゼ成分の入ったサプリメントは大変少ないですが、小林製薬のサプリメントが一番よいです。(1ヶ月分1,500円+税 送料無料)

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方