ビタミンE ニキビ 効果 副作用

ビタミンEでニキビは治るのか?正しい摂取方法と副作用

ビタミンEのニキビ効果

ビタミンEの効能・効果

 

ビタミンEの効能は一般的に体内の脂質が酸化するのを防ぐ「抗酸化作用」があると言われています。

 

 

ビタミンEの働きの中でも最も優れた抗酸化作用による効能が美容面で大きな貢献をします。抗酸化作用というのは、細胞をサビ付かせて様々な皮膚病の原因となる「活性酸素」の働きを抑える働きのことです。

 

 

また、その働きから動脈硬化などの生活習慣病の防止や老化の防止を防ぐことができます。ビタミンEにはホルモンのバランスを整えることから生殖機能を保つ効果もあります。

 

 

ニキビへの効果

 

 

ビタミンEには前述した通り、抗酸化作用があります。皮ふ内の不飽和脂酸の酸化による過酸化脂質の発生を抑えることができます。肌の酸化を抑える効果があるのです。

 

 

皮脂は空気に触れると必ずサビが起き、有害な過酸化脂質へと変化します。皮脂のサビを防ぐのがビタミンEです。

 

 

皮脂が酸化すると、毛穴が黒ずみます。黒ニキビの原因にもなる酸化ですが、ビタミンEを上手に摂取することで改善できます。またニキビをつくり出す「活性酸素」と呼ばれるものも予防できます。

 

ビタミンEが十分に摂取することで、肌に害を及ぼす活性酸素から皮膚を守ることができるのです。

 

 

ビタミンEの推奨量と摂取量

 

 

 

 

ビタミンEを多く含む食材ベスト13

 

 

食品100g当たりのビタミンEの含有量

 

・せん茶の茶葉 64.9

 

・アーモンド 29.4

 

・とうがらし 29.8

 

・抹茶(粉) 28.1

 

・あゆ(養殖/焼) 8.2

 

・いわし(油漬) 8.2

 

・たらこ(焼) 8.1

 

・モロヘイヤ 6.5

 

・うなぎ(かば焼) 4.9

 

・だいこん(葉) 4.9

 

・かぼちゃ(西洋) 4.7

 

・はまち(生) 4.1

 

・うなぎ 3.9

 

 

 

ビタミンEと一緒にビタミンCを摂ろう

 

 

ビタミンEは単体で摂るよりも、ビタミンCと一緒に摂取したほうが効果は高いです。ビタミンEは活性酸素から肌をガードしますが、単体ではだんだんと効力が失われていきます。

 

 

しかしビタミンCが加わることにより、ビタミンEの効果を持続させることができます。サプリメントより、バランスのよい食事を心がけましょう。ビタミンEは脂溶性ビタミンです。

 

 

過剰摂取すると、体内で分解できずトラブルになります。食事で摂っていく分には過剰に吸収することはありません。やはり、様々なビタミンを効率よく摂取できる、食生活が大事なのです。

 

 

ビタミンEサプリメントは有効?

 

 

 

ビタミンを手軽に取れるサプリメントですが、自然物と比べてまったく同じ効果が出るとは限りません。

 

 

たとえば、天然食材から摂取したビタミンCやBから排出される尿は無色ですが、サプリメントから摂取した場合、黄色く排出されます。これは、天然食材からビタミンを摂ったほうがサプリメントよりも吸収率が良いことを意味します。

 

 

補助療法の役割を果たすサプリメントですが、ビタミン剤のニキビに対する有効性は一定ではありません。

 

 

サプリメントが有効かどうかは本人の条件によって異なります。もし、不摂生によりビタミンEが欠けている状態にある人では、サプリメントを服用することでなんらかの効果があることは間違いありません。

 

 

逆に体内に十分なビタミンEががあるのにサプリメントを服用すると、過剰摂取により副作用がでる場合もあります。サプリメントは安く、便利ではありますが、効果が保証されているわけではないのです。。(サプリメントはあくまで健康補助食品です。薬事法により効果・効能の明記はありません)

 

 

まずは普段の食生活から、ビタミンEをどれだけ摂取できているのか調べる必要があります。不足している時にのみ、補助療法として他のビタミンとのバランスを考えながら適量のビタミンEを摂取していきましょう。

 

 

ビタミンEの過剰摂取・副作用

 

 

通常、一般的な食事内容でビタミンEを過剰摂取することはほとんど考えられません。(成人男女目安量は8mg過剰摂取は800mg)

 

 

ただし、最近の報告において、サプリメントとして過剰摂取すると死亡率が高まるとの報告も出され、過剰摂取に対する警鐘となっています。

 

 

2004年にアメリカ心臓学会は、心臓に疾患のある患者さんが260mg以上のビタミンEを毎日摂取すると、死亡率が10%にはね上がるというデータを報告しました。

 

 

ビタミンEは血管の収縮をコントロールする役割を果たしています。そのためビタミンEの過剰摂取は一酸化酸素を除去しすぎ、血管の調整ができなくなるため、心臓が弱い人には大変負担になるのです。

 

 

ビタミンの補助目的でサプリメントを服用する場合は必ず適量を飲むようにしましょう。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方