ニキビの種類(画像あり)

ニキビの種類(画像あり)

ニキビの種類

 

 

 

白ニキビ

 

 

通常、皮脂は毛穴を通って外に出ていきますが、あまりに分泌量が多いと外に出されずに毛穴の中にたまってしまいます。皮脂の出口がなくなった毛穴はどんどん膨らみ、皮膚がふくれあがります。表面のふくらみが白く化膿したニキビを白ニキビといいます。白く化膿しているのは、皮脂と角質が混ざっているからです。白ニキビは比較的初期の段階です。

 

 

黒ニキビ

 

 

毛穴から浮き上がった皮脂は、酸素に触れると酸化します。酸化したニキビは黒くなるため、これを黒ニキビといいます。炎症を起こしているわけではなく、目立ちにくいのでケアの必要はないように思いますが、時間が経つにつれ徐々に毛穴の奥に皮脂が溜まっていきます。赤ニキビへと悪化する恐れがあります。この段階でしっかりとしたケアをしましょう。

 

 

赤ニキビ

 

 

毛穴にたまった皮脂によって細菌が増え、炎症を起こしたものが赤ニキビです。赤く腫れあがり、毛穴の内部が膿み、痛みを伴う場合があります。赤ニキビが顔に何個もできてしまった場合、セルフケアで治していくのは難しいです。
下手に自分で毛穴のつまりを取り除くとニキビ跡になってしまう恐れがあります。医師による適切な処置で毛穴のつまりを取ってもらいましょう。

 

 

ニキビ跡

 

 

過去にできたニキビが跡として残ってしまう場合があります。主に、炎症や痛みを伴う赤ニキビ、化膿した重症ニキビが跡として残ってしまいます。炎症したニキビは刺激に弱く、自分でいじってしまうと傷が跡として残ります。

 

 

物理的な力によって、真皮はえぐれてクーレターとして大きな凹の穴ができてしまうのです。凹型の傷だけではなく、ケロイド状になったり、色素沈着になったりします。ニキビ跡を残さないように、ニキビ予防を心がけ、医師による専門的な治療を受けるようにしましょう。

 

 

ニキビができる原因

 

 

ニキビの種類はそれぞれですが、共通する点は、毛穴に皮脂が詰まり、そこから菌が繁殖して炎症を起こすことです。ニキビができる原因は沢山ありますが、主な理由は、3つです。

 

 

①ホルモンバランスの乱れ

 

②生活習慣

 

③内臓疾患

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

 

思春期になると、男性ホルモンが過剰に分泌し、ホルモンバランスが崩れてしまいます。思春期ニキビが男性のほうが悪化しやすいのは、この男性ホルモンが影響しているからです。

 

 

ホルモンバランスの乱れによって、皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まりニキビとなってしまいます。思春期ニキビは年齢とともに改善されることがほとんどです。しかし、最近多いのが、大人ニキビです。大人ニキビは、女性ホルモンのバランスが乱れることによって起きます。大人ニキビが月経前にできやすいのが、ニキビの原因なっていることがわかると思います。

 

 

生活習慣

 

 

生活の質がそのままニキビに影響します。睡眠の質が悪い、スナック菓子や脂っこい食べ物、タバコの吸いすぎ、便の通りが良くない。これらはニキビになりやすい生活習慣の一例です。

 

 

ニキビに悩んでいる人は、生活習慣を変えることが好ましいのですが、忙しい現代の生活で、すべてを規則正しくするのは難しいでしょう。

 

 

そこで、補助的に、腸内を整える食べ物やサプリメントなど付け加えることができます。便秘には食物繊維を多く含む食材やオリゴ糖がいいでしょう

 

 

内臓疾患

 

 

胃腸の弱っていたり、快便でなかったりする人は、ニキビになりやすいです。特に思春期を終えてから発症する大人ニキビは、腸内トラブルと強く関係しているのです。

 

 

腸内に悪玉菌が増えると、体内に毒素が回り、ニキビができてしまいます。便秘に悩んでいる人は、野菜に含まれる食物繊維が有効です。

 

 

脂っこい食べ物は避け、粗食を中心とし、野菜を多く取っていきましょう。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方