TゾーンニキビとUゾーンニキビ

TゾーンニキビとUゾーンニキビ

TゾーンニキビとUゾーンニキビ

Tゾーンニキビの特徴と対策

fsdgzdf

オデコから鼻にかけてのTゾーンは顔の中心で目立ので、ニキビができると気になると思います。おでこ周辺は皮ふは薄く敏感で無理に潰したりすると痛みを伴う場合があります。

 

いわゆるTゾーン(おでこから鼻にかけて)は皮脂が多く分泌される場所です。大量の脂分が毛穴詰まりを引き起こし、ニキビとなります。このTゾーンニキビ、年齢に関係していることが多いです。

 

おでこから眉間にかけてのニキビは特に高校生の時にできます。思春期はホルモンバランスが乱れすく、肌がオイリー気味になりがちです。ニキビができる場所によって要因は違うのですがTゾーンニキビはホルモンバランスの乱れが原因であることが多いのです。

 

10代は特にTゾーンにニキビが出来やすいです。対策として、洗顔方法に気をつけましょう。皮脂は取り過ぎるとかえって過剰に分泌します。また、刺激が強い洗顔料でゴシゴシ洗っていると、肌のバリア機能が破壊されニキビは酷くなるばかりです。

 

刺激が弱く、十分な皮脂を洗い落してくれる石鹸を使いましょう。添加物が入った石鹸もよくありません。肌は「過酸化脂質」と呼ばれる害になる汚れさえ落としてしまえば、特別スキンケアしなくても自然とニキビは治っていきます。

 

人間が生まれた時から持ち合わせている「自己治癒力」が働くからです。添加物は科学的な成分によって、この「自己治癒力」の働きを妨げます。泡立ちの良い無添加石鹸を使用していれば、自己治癒力は最大限の働きをするのです。

 

洗顔は「肌に負担をかけることなく、その日に生まれた汚れだけを落とす」ことが大事です。過度な洗顔は、肌を傷つけるだけです。洗顔は1日2回、朝と夜だけでOKです。朝はお湯だけ、夜は無添加石鹸を使って洗顔すればよいでしょう。しっかりと泡立て、包み込むように洗えば、肌は傷付かずに済みます。

Uゾーンニキビの特徴と対策

口周りや顎からなるフェイスラインはUゾーンと呼ばれ、ニキビが出来やすい場所です。本来フェイスラインは皮脂の分泌が少ないので、ニキビは目立たないはずなのですが、生活習慣の悪化など、体内の環境に左右されてニキビが出来ることがあります。

 

主に、腸内環境がUゾーンニキビを招きます。便秘などで排泄物が長く腸内に滞ると、腸内で大量の悪臭ガスが発生します。そのガスの成分は、アンモニア、スカトール、一酸化炭素、メタン、硫化水素などの有害物です。

 

有害物は、連鎖的に体のあちこちに悪影響を及ぼします。血液中に混じった有害物は、顔の肌まで届き、毛穴を腫れあがらせてしまうのです。これがUゾーンニキビの原因です。

 

Uゾーンニキビの原因ほぼ間違いなく生活習慣にあります。腸内環境を良好にするには、正しい食生活と生活習慣を続けることが何よりです。現代社会は、加工品が多く、自然なものを摂るのが難しくなってきました。添加物たっぷりの加工食品は体を蝕んでいきます。

 

食生活の基本は「自然な食材をバランスよく摂取する」ことです。自然の生まれ育った作物には、食物繊維が豊富に含まれており、それが体内浄化の手助けをするのです。野菜や果実、穀物や豆類を沢山とりましょう。良質な食物繊維が排便は手助けをします。牛、豚などの動物食は、体内で悪玉菌を発生させ毒素を生みます。

 

科学的に抽出した油は、体内で消化しきれず蓄積されやすいのです。インスタントラーメン。マーガリン。マヨネーズ。揚げ物。天ぷら。ポテトチップス。洋菓子。これらの食品は過酸化脂質となって肌に悪影響を及ぼします。また、大腸で蓄積され、有毒物となって血液中に溶け込んでしまいます。便秘が原因でニキビが増加することさえあります。

 

ニキビ治療のために、正しい食生活を心がけ、できるだけ自然食を口にするようにしましょう。野菜をたくさん摂り、食物繊維が不足しないようにすることが大切です。手軽にはじめるなら青汁がよいでしょう。

 

動物脂はできるだけ避け、鶏肉や魚など体に良い脂を摂ることです。食物食が8割、動物食が2割の比率が理想です。食文化でいうと、欧米食は脂肪分が多く、ビタミンや繊維類が不足しがちで、ニキビによくありません。現在欧米食に偏っている人は、日本食に切り替えていきましょう。日本食は食物繊維とビタミン、酵素が豊富で大腸の働きを整えてくれます。

 

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方