顎にできた吹き出物の原因と対策

顎にできた吹き出物の原因と対策

あごにできるニキビ(吹き出物)の原因と対策

 

 

 

Tゾーンニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌です。

 

元々、おでこから鼻にかけては他の部位に比べて毛穴が大きいため吹き出物は出来にくいです。

 

汗をかきやすく、毛穴が大きいため皮脂づまりしずらいのですしかし、オイリー肌の人は脂が多く出るため、排出しやすいTゾーンの毛穴でさえ吹き出物ができてしまうのです。

 

ホルモンバランスが乱れやすいのは、中学から高校にかけての二次性徴時です。思春期に皮脂の分泌が活発なため肌が荒れやすいのです。大人になるにつれて肌荒れも落ち着いてくるでしょう。

 

Tゾーンニキビは、単純に脂分が多く出ることでつまり吹き出物になるもので、オイリー肌対策をすれば落ち着いてきます。

 

Tゾーンニキビは単純な皮脂の過剰分泌が原因ですが、Uゾーンニキビはそうではありません。あごや口周りの吹き出物は、ストレスや食生活などの生活習慣と深く関わっています。皮脂の分泌が少ない場所で吹き出物ができるのには、特別な理由があるのです。

 

吹き出物になる原因の一つに、血液中の活性酸素が挙げられます。血液に活性酸素が増えれば、それが毛穴の皮脂の汚れとくっつき吹き出物になります。

 

元々あごを中心としたフェイスラインは毛穴が小さく、無数にあるので汚れと結びつきやすいのです。また、ニキビの増加にともなって跡も残りやすいので注意が必要です。活性酸素は、私たちの食生活やストレスによって増えたり減ったりします。

活性酸素が増える要因

活性酸素が増える要因は様々です。

 

牛や豚などの動物性脂肪を多く含む食べ物、農薬を多く含む食品、スナック菓子、野菜不足、煙草、一部の医薬品。食べ物だけでなく、日々の活動によっても体内に活性酸素が蓄積さえていきます。

 

 

精神が参ってしまうほどの過労、自分のペースが崩される、職場の作業環境や人間関係。様々なストレスが、体内に活性酸素を発生させてしまうのです。

 

 

体内洗浄を心がける

 

 

たしかに活性酸素が出来やすい体質や遺伝はありますが、毎日の生活を変えることで改善していけます。食べるものに気を配り、ストレスを上手に解消できるように工夫してみましょう。肌は脂分を取り過ぎない程度に洗い、清潔に保ちます。

 

 

ジャンクフードやコンビニ弁当など偏った食生活が多かったり、洗顔方法が間違っていたりすると、ニキビのできにくい体質にしていくのは難しいでしょう。ニキビの発生を止めることができません。

 

 

繊維物を多く含む食べ物を取り、排泄をスムーズにしましょう。活性酸素は体内に溜まった排泄物によって爆発的に増えます。血液中の活性酸素は常にニキビを刺激するのです。

 

 

野菜を多く取り、健康的な食生活に変えていきましょう。

 

 

また、あごニキビに特化した保湿剤を使用してみるのもよいでしょう。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方