水を飲むとニキビは治る?

水を飲むとニキビは治る?

水を沢山飲むとニキビは治る?

 

体内に含んだ水は10分程度で皮ふに到達し、細胞全体へと進みます。

 

 

水を飲むことによって細胞に十分な酸素を与え、新陳代謝がよくなり、血液中の汚れを排出させることができます。

 

 

血液中の活性酸素が除去され、美肌に繋がっていくのです。血液は全身の器官を巡っています。

 

 

当然、顔の皮膚にも届きます。血液の中に老廃物や毒素がある場合、それが肌の細胞と結合し、ニキビとなってしまいます。特に皮脂の分泌が盛んな人は、毛穴の汚れと血液中の毒素がくっつき炎症してしまいがちです。

 

 

ニキビを治すには、血液の掃除をしなければいけません。新鮮でよい水は浄化作用があり、体内酵素の強い味方です。水を飲むことで有毒物がすばやく排出され、腸内細菌も活発になります。

 

 

ニキビを治す水の飲み方

 

 

1日に飲む量の目安は、だいたい1~1.5リットルです。35cc×体重(キログラム)と計算すればよいでしょう。

 

 

一気にガブ飲みしてしまうと、胃の負担が大きくなり吸収率も悪くなります。消化不良を起こし、かえって大腸に負担がかかってしまいます。1回につきコップ2、3杯摂取しましょう。

 

 

冷えた水はよくありません。冷えた水は胃で止まります。内臓を冷やしたり、新陳代謝や免疫機能の低下を引き起こします。温かい水はすんなりと胃を抜け、腸までいきます。36℃くらいの体温に近い水が一番吸収率がよいのです。

 

 

市販の水やお茶に要注意

 

市販で売られているお茶や水には肌に良くない成分が含まれています。

 

 

持ちを良くするための添加物「チャ抽出物」や酸化を防ぐための人工ビタミン添加物「アスコルビン酸」が入っています。

 

 

これらの添加物を摂取すると、ニキビを引き起こす原因となる「活性酸素」が体内で生まれます。

 

 

活性酸素はニキビに悪いことで知れていると思いますが、この有害物質が皮脂を酸化させて炎症を起こしてしまいます。活性酸素が血液中に存在する状態だと、常に肌が傷つけられます。水を飲む時は、できるだけ市販のものは避けましょう。

 

 

一番良いのは浄水器の水です。家に浄水器を取り付けるのが難しい人は、「浄水ポット」でも構いません。ポットに浄水カートリッジを取りつけて、水を流し込めば数時間で体に優しい水が出来上がります。

 

 

やはり水道水はできるだけ避けたほうがよいでしょう。水道水は塩素濃度が濃い地区もあるので、毎日の摂取には向いていないのです。

 

 

飲み方ですが、食道で逆流することもあるので、就眠前に飲むのは避けましょう。逆流すると胃と混ざった水が気管に入る恐れがあります。

化粧品だけで、ここまで治すことができました!

 

⇒ニキビ跡を治した方法について!【画像つき】

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方