ずっと治らない酷いニキビを治す方法

ずっと治らない酷いニキビを治す方法

ずっと治らない酷いニキビを治す方法

ニキビが絶えない人の悩み

 

・鏡を見るたびに、肌に対する不安が消えない

 

・人前に出るのが億劫になる

 

・思春期の多感な時期のニキビは特に周囲の目が気になる

 

・ニキビのせいでコンプレックスが募る。自信が持てなくなる

 

・醜いニキビのせいで鬱気味になる

 

・永遠と繰り返すニキビに嫌気がさす。嫌になる

 

・鼻にポツリとできた、たった一つのニキビで外出したくなくなる、見られたくない

こんなニキビの悩みに対してサイト運営者が知恵を出し、コンプレックス解消してもらうためのサイトです。
当人以外には理解できない常に苦しい苦しい長年のにきびの悩みから解放されます。

 

正しいニキビケアを実践できれば、ニキビ肌に対する不安が安心へと変わります。解決することができない肌の問題は当サイトのコラムを読んでもらうことですべて解決することができます。

 

私自身、オイリー肌+敏感肌で10年間ニキビだらけでしたが、ニキビの専門書を読み漁り、研究と試行錯誤の末、ニキビのないキレイな肌になりました。

 

私が行ったニキビケアは、外からのケアで毛穴のツマリ(芯)を取り除くことと、内からのケアで根本的なニキビ体質を改善をすること、自然治癒力を信じて、肌に優しいケアをすることです。ニキビを治す方法をまとめてお伝えします。

 

 

参考資料:汚れた腸が病気をつくる(バーナード・ジェンセン著、月村澄枝訳、ダイナミックセラーズ出版)、肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法(宇津木龍一著、青春出版社)体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品(渡辺雄二著 幻冬舎新書)合成洗剤買わない主義使わない主義(坂下栄氏著、メタモル出版)スキンケア基本事典(吉木伸子著 池田書店)

 

私がニキビを治した方法まとめ

無添加石鹸で洗顔する

合成界面活性剤の恐怖

お店で売られているほとんどの洗顔フォーム、クレイジングオイル、化粧水、乳液、ニキビケア用品には合成界面活性剤が使われており、ニキビを悪化させる原因となっています。

 

ハッキリ言って、合成界面活性剤は危険です。

 

もし今現在、合成界面活性剤の洗顔フォームや化粧水を使用しているならすぐに使うのをやめてください。合成界面活性剤は肌によくありません。合成界面活性剤は洗浄力が強すぎるため、角質層などの外からの刺激を守るバリアゾーンが破壊されてしまいます。

 

さらに「浸透性」が強いため、バリアゾーンが破壊された肌に界面活性剤の毒素が肌の奥の方へと浸透してしまいます。合成界面活性剤の洗顔フォームや化粧水をつかうことで、肌のバリア機能が破壊され、炎症し、強い浸透力で肌の奥底からダメージを受けてしまうのです。

 

健康的な肌は科学成分に抵抗できる力がありますが、肌が痛み弱ったニキビ肌には毒です。

 

ニキビケア用品を使えば使うほど、かえってニキビが悪化してしまいます。私自身、色々とニキビケア用品を試したのですが全く効果がありませんでした。

 

元々敏感肌でダメージを受けやすいせいか、合成界面活性剤の入った洗顔フォームを使ったあとは肌が炎症気味でした。薬局で売っているクレイジングオイルを使えば、次の日いつもより多く皮脂が出ました。洗浄力の強い洗顔フォームを使えば、使用直後に顔が真っ赤に腫れあがった炎症がより酷くなりました。

 

 

ニキビ薬は全く効かず、かといって他に治す方法を知らなかったので渋々使っている状態でした。ニキビケア用品で有名なプロアクティブを使用した時は、強い刺激から肌が炎症し、1週間で使うのをやめたくらいです。

朝はお湯だけ、夜は無添加石鹸で洗顔する

無添加石鹸には合成界面活性剤が入っておらず、肌にダメージなく優しく洗い上げることができます。

 

洗顔する前にお湯を顔に数十秒あて、汚れを落としてから石鹸で洗顔してください。お湯だけでも十分汚れは取れるので、お湯では落としきれなかった分を石鹸で取り除きます。しっかりと泡だてて泡を肌に押し当てる感じで洗いましょう。こすり洗いは厳禁です。

 

泡だてネットを使えば簡単に固形石鹸から泡を作ることができます。長い時間ゴシゴシと洗い、皮脂を余分に取ってしまうとかえって皮脂量は増えてしまうので、さらっと洗うだけで十分です。

 

石鹸でしっかりと洗うよりは、お湯を使って汚れを落とすことに重きを置いてケアしたほうが、肌のダメージは少なく済みます。ニキビ肌のスキンケアは基本は洗顔です。大人ニキビで乾燥肌の人だけ保湿をしましょう。

 

多くの化粧水や乳液、ニキビケア用品には合成界面活性剤などの添加物が含まれており肌の調子を狂わせてしまいます。保湿をする場合は添加物の含まれていないものを選びます。肌には自然治癒力が働いており、ニキビが出来ても、自然と膿が出て、かさぶたになり治ります。

 

この自然治癒力の働きを妨げるのが合成界面活性剤です。肌に負荷のかからない石鹸で洗顔し、肌の自然治癒力を信じて、最低限のスキンケアで栄養バランスのよい食事を取り、しっかりと睡眠を取りましょう。

1日1杯、毎日青汁を飲む

ニキビケアの基本は「体質改善」

ニキビと便秘にはは密接な繋がりがあります。便秘が酷くなると、腸に浄化作用が失われ、大腸内に老廃物が蓄積されます。

 

大腸内のカベを覆った老廃物はさらに腐敗し、腸壁を抜けて全身の血管へと通りぬけていきます。全身を回った有毒物が肌全体に悪い影響を与えます。

 

毛穴から出された毒素と初期段階の小さなニキビが反応し、炎症を起こして肌のトラブルへと繋がっていきます。

 

大腸が汚れると、その汚れが腸壁を抜け血液に溶け込み、血液中に溶け込んだ有毒物は全身を回り、毛穴の皮脂のつまりと結びついてニキビが出来るわけです。ニキビを治す上で「大腸の働き」は避けて通れません。大腸は食物を消化し、最終的な老廃物の除去処理場です。

 

たとえば、排水口がつまった時のことを想像してみてください。排水口になにかが詰まり、水が流れなくなったら。数日後には、衛生的な問題に直面すると思います。水はどんどん腐っていき、あちこちにカビが生えてきます。台所にとどまった食物は腐り、腐敗を止めることができません。悪臭が漂い、濁り、有害な菌が大量発生するでしょう。

 

大腸の管理が出来ていない人は、そのような状態になってしまっているのです。現代人の腸は、機能が低下していることが多いです。

 

私たちの生活は、経済を最優先させることが前提にあり、自然に作られた食品を口にすることが少なくなってきています。インスタント食品。ファーストフード。添加物だらけのコンビニ弁当、おにぎり。脂分の多い欧米食。洋菓子。

 

加工食品を食べれば食べるほど、腸に負担をかけています。腸は、自然の中で作られた新鮮で栄養価の高い食材を欲しており、人工的に作られた食べ物は不快なのです。栄養価の低い食事に加え食物繊維やビタミンの不足が、腸内環境の悪化を招いています。

fsdgzdf

毒素とニキビ

体内毒素が「繰り返しできるループニキビ」の根本的な原因です。体内をむしばむ毒素とニキビには深い関係があります。腸の掃除をして毒素を自然に排出し自然治癒力を高めることが新規ニキビを防ぐことに繋がります。

 

ときどき「○○化粧品を使ったら肌のトラブルが解決した」という人がいます。しかし効果は1~2日しか続かないはずです。外からのケアでは限界があります。

 

ニキビ治療のすべての土台は「毒素の排泄」です。土台が崩壊した状態でいくら肌に塗り薬をつけても効果は期待できません。毒素が消えなければ肌のトラブルは解決しないのです。ニキビの根本的な原因を取り除かない限り、ニキビは再発し続けます。

大腸を洗浄するには青汁が一番

青汁は、腸内を良好にする「繊・潤・水」の条件を満たした優秀な飲み物です。

 

口にするものを、繊維質、潤滑剤、水にすることで腸内を良好にすることができるのですが、青汁はその3つすべて備えています。

 

食物繊維が腸の働きを活発にします。潤滑質は、食物の消化の働きをなめらかにしてくれます。水分は、腸内の乾燥を防ぎ、体内の有毒物を除去する役割があります。

 

青汁には食物繊維が多く含まれており、快便効果が非常に高く大腸内の毒素を排出させることができるのです。脂肪分の多い食品や加工食品、添加物を頻繁に口にする人は大腸が汚れている可能性がありますが、青汁が腸内の大掃除をしてくれるのです。

 

私自身、青汁を飲み始めたその日のうちに便通が快適になったことを実感しています。

 

飲み始めた当初は、便通が良くなっただけで他の効果がなかったので、青汁なんかで本当にニキビよくなるのか?と懐疑的だったのですが、飲み始めてちょうど1カ月で急に新しいニキビが出来なくなりました。

 

これまで沢山のニキビケア用品を試し挫折してきただけに、驚き、「ニキビを治すのに一番効果があるのはこれだ」と確信しました。

 

年中ニキビ顔だったのに、たった一杯の青汁でニキビが改善されて「もっと早く知っておけばよかった」「一体今までの悩みはなんだったんだ!」という複雑な気持ちでした。ただ気分はすごく軽くなりました。

 

ニキビが出来やすい体質の私にとって、青汁は今や欠かせないものとなっています。毎日朝起きて1杯飲むようにしています。青汁をやめると、すぐにニキビができてしまうほどです。

 

へたに高額なニキビケア商品に手を出すより、毎日青汁を飲み続けたほうが断然いいと思います。ターンオーバーといって、肌は28日周期で新しく生まれ変わりますので、最低1カ月は飲み続けたいですね。

 

1か月以上飲み続ければ新しいニキビの発生率が半分以下になりますよ。

 

青汁は快便効果以外にも以下の効果があります。

青汁を毎日飲むことで・・・

・良質な食物繊維とビタミンが手軽にとれる
・日常の食事で不足しがちな野菜を多く取れる
・粉末なので、いつでも手軽に飲める
・食習慣が見直せる
・体質改善(菜食主義)
・ダイエット効果がある(肥満の防止、改善)
・血液サラサラになる
・美肌効果がある

 

青汁の原料は主にケール、大麦若葉、明日葉ですが、明日葉の青汁が一番です。
沢山の青汁の試しましたが、生搾りの青汁がよいでしょう。

 

 

生搾り製法で作られた明日葉青汁で、体内に溜まった老廃物(毒素)を取り除いてくれます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 腸内環境とニキビ お勧めニキビケア商品 正しい洗顔方法 ニキビの潰し方